WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

2011年度のスマートフォン出荷台数は前年度2.7倍の2,340万台で携帯電話総出荷台数の55.8%を占める

2012.05.09

Updated by on May 9, 2012, 16:30 pm UTC

Strategy Analyticsは2012年4月27日に、世界の携帯電話メーカーの2012年第一四半期の出荷台数を発表した。総出荷台数は前年同期比3.3%増の3億6,800万台となった。前年同期の伸び率が19.4%だったことからすると、伸び率はかなり低かったことがうかがえる。

メーカー別にみると、Samsungが9,350万台でトップ、次いでNokiaが8,270万台、Appleが3,510万台などとなっている(図1)。Samsungのシェアは25.4%で、Nokiaの22.5%を抜いてトップになったのは初めてのことだ(図2)。Appleのシェアももうすぐ1割を超える水準になっている。

Nokiaは前年同期に1億台を超えていたが、24%減の8,270万台となった。低価格のフィーチャーフォンは新興市場で失速し、高価格のスマートフォンは古いSymbianの急減をMicrosoft Lumiaで埋め合わせることもできなかったためだと、エグゼクティブ・ディレクターのNeil Mawston氏は語る。これで1998年から2011年までの14年間世界の携帯電話市場のトップの座から降りたことになる。

Appleは前年同期の1,860万台から倍増になったが、iPhone 4Sモデルの日米での支持が高いのに加え、中国での発売も貢献しているという。

▼図1:世界の携帯電話の主要メーカー別出荷台数(2011年第一4半期、2012年第一4半期)
201205091630-1.jpg

▼図2:世界の携帯電話の主要メーカー別出荷台数シェア(2011年第一4半期、2012年第一4半期)
201205091630-2.jpg

===

一方、スマートフォンの出荷台数は前年同期比41.1%増の1億4,530万台となった。前年同期の伸び率が86.0%だったことからすると、伸び率は少し落ちたが依然として勢いは衰えていない。

メーカー別にみると、Samsungが4,450万台でトップ、次いでAppleが3,510万台、Nokiaが1,190万台などとなっている(図3)。Samsungのシェアは30.6%で、Appleが24.1%、Nokiaが8.2%などとなっている(図4)。

スマートフォンでもSamsungがAppleを押さえてトップとなった。Samsungは人気のGalaxyモデルを中心に対前年同期比3.5倍となった。一方Nokiaは前年同期の2,420万台から半減となり、大幅にシェアを下げた。

▼図3:世界のスマートフォンの主要メーカー別出荷台数(2011年第一4半期、2012年第一4半期)
201205091630-3.jpg

▼図4:世界のスマートフォンの主要メーカー別出荷台数シェア(2011年第一4半期、2012年第一4半期)
201205091630-4.jpg

本調査について

【情報ソース】
Strategy Analyticsの2012年4月27日のプレスリリース
Samsung Overtakes Nokia to Become World's Largest Handset Vendor in Q1 2012
Samsung and Apple Capture 55 Percent of Global Smartphone Shipments in Q1 2012

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら