WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

サッカー王国ブラジルの4Gは国際大会と一緒にやってくる

2012.05.09

Updated by WirelessWire News編集部 on May 9, 2012, 16:00 pm UTC

201205091600-1.jpg

(cc) Image by Thomás

ブラジルの電気通信規制当局であるAnatel(国家電気通信庁)は6月に予定されている4G周波数オークション(2.5GHz帯)で38億ブラジルレアル(BRL)(1BRL=41.6円換算では約1,581億円)を期待している。LTEに利用されると目されているこの周波数帯を狙っているのは、テレフォニカ・ブラジル、TIMブラジル、Claro、Oi、Nextelブラジル、Skyブラジルなど。

ブラジル政府側はDSLなど固定系ブロードバンドの代わりにLTEで全国のブロードバンド化を一気に図りたい考えのようだ。落札したキャリアは2013年12月までに人口50万人以上の都市はすべてLTEでカバーし、2016年末までには人口1万人以上の都市を全てカバーさせなければならない。

ブラジルは言わずと知れたサッカー王国であり、Anatelはコンフェデレーションカップ2013をホストする6都市については2013年4月までに、FIFAワールドカップ2014(ブラジル大会)をホストする14都市については2013年末までにLTEでカバーすることを求めている。

ブラジルでは450MHz帯の開放も予定されているが、こちらは広いカバレッジを活かして格安の音声と低速データ通信(256kbps)の組み合わせ料金プランが実現できるのではないかと期待されている。

【参照情報】
Anatel hopes 4G auction will raise BRL3.8bn
BRAZIL APPROVES RULES FOR 4G WIRELESS AIRWAVES AUCTION
BRAZILIAN LTE SPECTRUM AUCTION TO RAISE $2B

世界各地のモバイル市場の概観、政策、主要企業の動向に関する地域別レポート「世界のモバイル事情」の中南米編はこちら

多くの国が存在しながらも文化的にはきわめて同質性の高い中南米では、国をまたがった携帯キャリア持ち株グループが形成されている。二大勢力としてテレフォニカとアメリカ・モビルが挙げられる。

中南米編(1)中南米携帯業界の二大勢力

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら