WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

ゴドーを待ちながら(第2四半期世界PC市場について) - Asymco

2012.07.13

Updated by on July 13, 2012, 17:02 pm JST

ガートナー(Gartner)から2012年第2四半期のPC販売台数に関するレポート(暫定版)が発表された。Macに関する正式なデータは今月下旬の決算発表で明らかにされることになるが、ここではいくつかの推定値を使いながらパソコン市場の現状を把握してみることにする。

201207131700_1.png

私の推定では、4-6月期にWindows PCの販売台数は1%減少、いっぽうMacは15%増を記録。ちなみにガートナーのレポートでは市場全体は5.7%減となっている。とりあえずiPadの話は脇に置いて、まずはMacとWindowsの増減をみてみる。

201207131700_2.png

メーカー別の出荷台数推移は次の通り:

201207131700_3.png

仮にWindows PC市場の成長減速や縮小が続くようだと、HPやデル(DELL)に代わってレノボ(Lenovo)やエイサー(Acer)が市場シェアで上位に来るといった事態も起こるかもしれない。また「その他」("Others")のシェアがすでにHPとデルの合計を上回っている点にも注意。

iPadやAndroidタブレットのような端末がPC市場に潜在的な脅威を及ぼす可能性はほとんどない。アナリスト業界では相変わらずそうした見方が優勢のようだ。どんな時にもシワ--つまり気まぐれな一時的変化はあり、そうした例外的な外部要因が市場減速の原因だとされている。ここでは、PC販売台数の成長鈍化についてアナリストが示したすべての言い訳に触れる代わりに、アナリスト業界が昔から何度も「市場成長に向けた触媒役」を期待される要因を前面に打ち出してきたことを指摘しておく。いまこの役目を期待されているのは「Windows 8」で、それがリリースされれば、PCの販売台数はまた増加に転じる、といった期待がある。

そうなる可能性はもちろんある。ただし、再び増加に転じることがあったとしても、おそらくは一時的なものに過ぎないだろう。

(執筆:Horace Dediu / 抄訳:三国大洋 / 原文公開日:2012年7月12日)

原文
Waiting for Godot - Asymco

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら