WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

KDDIとナビタイム、10月中旬以降にナビアプリをiPhone対応へ

2012.10.02

Updated by Naohisa Iwamoto on October 2, 2012, 18:18 pm JST

KDDIとナビタイムジャパンは2012年10月2日、各種のナビゲーションサービスをアップルのiOSに対応させる検討を開始したと発表した。10月中旬以降をめどに対応を開始する。

iPhoneへの対応を進めるのは、歩行者ナビゲーションサービスの「auナビウォーク」と、同乗者向けカーナビゲーションサービスの「au助手席ナビ」の2つ。いずれもこれまで、Androidスマートフォン向けに提供していた。これらのサービスのアプリのiPhone対応を検討し、iPhoneでも利用できるようにする。

KDDIでは、iPhoneでもAndroidスマートフォンと同様のサービスを提供できるような施策を展開している。iPhone 5の発売日には、「auスマートパス」の対象をiPhoneにも広げた(関連記事:KDDI、「auスマートパス」をiPhoneにも拡大、12月まで無料で)。ただし、auスマートパスではAndroid版とは異なりアプリの取り放題はできず、各種のWebサービスを使い放題とした。今回のナビタイムジャパンとの施策は、WebサービスではなくiPhoneアプリを提供する。これにより、Androidスマートフォンや既存の携帯電話からiPhoneに機種変更したユーザーにも、継続して同等のナビゲーションサービスを提供できるようになる。

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。