WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

DeNA、実名利用の無料通話サービス「comm」を提供

2012.10.23

Updated by Naohisa Iwamoto on October 23, 2012, 17:49 pm JST

ディー・エヌ・エー(DeNA)は2012年10月23日、無料通話サービス「comm」の提供およびcommを利用するためのアプリの配信を同日に開始したと発表した。iOS向け、Android向けのアプリを提供し、相互に無料で通話ができる。

commの特徴は、実名登録制のスマートフォン向け無料通話サービスであること。IDやニックネームを知らなくても、連絡したい相手の検索が実名で可能になるため、実在の知人とのコミュニケーションの幅が広がる。commは日本、欧米、アジアなど204の国や地域でアプリの配信を始める。対応する言語は日本語と英語である。通話以外にも、メッセージの交換機能や、知人の更新情報を知るアクティビティ機能、commを利用していない知人にcommを経由してメールを送信する機能などを提供する。

commでは高音質な通話サービスを提供するために、DeNAグループの技術的なノウハウや大規模なインフラ環境を使用する。技術的には、クライアントサーバー方式で音声データの通信を行うことで、途切れない通話を目指す。また、通常の携帯電話の通話よりも高いビットレートを用いた音声コーデックを採用することで、音質の向上を実現したという。さらに、大規模サービスで実績のあるネットワークインフラストラクチャを使用することで、安定性の確保につなげる。

DeNAではcommの提供により、これまで同社が提供してきた「Mobage」などでリーチできなかったユーザー層を、グローバル規模で自社のサービスに取り込むことを目論む。さらに将来的には同社の「Mobage」や「ビッダーズ」などのプラットフォームと連携することで、相互価値の向上を目指すとしている。

【報道発表資料】
DeNA、無料通話サービス『comm』を世界204の国と地域で配信開始

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。