WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

NTTコム、M2M向けに月額840円の定額プランを開始

2012.11.01

Updated by Naohisa Iwamoto on November 1, 2012, 18:08 pm JST

NTTコミュニケーションズは2012年11月1日、モバイル通信サービスの「OCNモバイル」にM2M向けの定額料金プラン「M2M 100k d 3G」を追加すると発表した。同日より提供開始する。

「M2M 100k d 3G」は、自動販売機や車載器などさまざまな機器の遠隔データ管理といったM2M(参考情報)用途に向けた定額料金プラン。月額840円で送受信最大100kbpsのデータ通信が利用できる。M2M用途では、データ通信量は少なく、高速性も要求されないことが多い。一方で、対象となる機器の数が膨大なケースもあり、1回線当たりのコストがランニングコストに大きな影響を与えていた。これまで、従量制の「M2M 10万パケット d LTE/同 3G」などを提供していたが、速度制限はあるものの定額で利用できる新プランを導入し、M2M市場の活性化を図る。利用するネットワークはNTTドコモの3G(FOMA)で、全国の広いエリアでの利用が可能である。

既存の従量制プランで最も基本料金が安い「M2M 10万パケット d LTE/同 3G」は、基本料金が月額525円で10万パケットまでの通信料金を含み、超過分は0.0105円/パケットとなる。新プランの「M2M 100k d 3G」は定額料が月額840円で、月間13万パケットを超えると従量プランよりも低コストで運用できる。

定額料で使い放題のプランではあるが、連続する3日間のデータ量が64MBを超えた場合は、当日を含めて2日間の通信速度を送受信最大10kbpsへ制限する。また、当月のデータ量が150万パケットを超えた場合には、サービスの利用停止または契約の解除を行う場合があるとしている。

【報道発表資料】
「OCNモバイル」におけるM2M向け定額プランの提供開始について

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。