WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

ドコモ・ヘルスケア、「からだデータ」を活用する健康プラットフォーム「わたしムーヴ」を4月開始

2013.03.06

Updated by Naohisa Iwamoto on March 6, 2013, 18:44 pm UTC

ドコモ・ヘルスケア、NTTドコモ、オムロン ヘルスケアは2013年3月6日、共同で健康プラットフォーム「WM(わたしムーヴ)」を2013年4月1日に開始すると発表した。ドコモ・ヘルスケアは、NTTドコモとオムロン ヘルスケアの共同出資により設立された会社で、本格的に健康支援サービスを軸としたプラットフォーム事業展開を開始する。

まず、ドコモ・ヘルスケアは「わたしムーヴ」ポータルサイトを4月1日に開設する。これは、ドコモが提供する「docomo Healthcare」とオムロンヘルスケアが提供する「ウェルネスリンク」を融合させたもの。「わたしムーヴ」の会員になったユーザーは、運動・睡眠・ダイエットなど身体に関する6ジャンル16コンテンツを利用できる。コンテンツは順次拡大する計画だ。

「わたしムーヴ」は、身体に関するデータを蓄積、分析、予測するプラットフォーム。ユーザー手元にあるスマートフォンなどの携帯電話と、高精度な測定が可能な健康機器を連携させることで、ユーザーの「からだデータ」を蓄積し、さらに分析・予測することで、健康なライフスタイルへの提案を行なっていく。また、からだデータとアライアンス企業のサービスや商品と連携させることで、わたしムーヴのユーザーに健康サービスや商品を提供する新しいビジネス環境を創出する。

またドコモ・ヘルスケアは、女性の体や心の調子のデータからユーザーにアドバイスを送れる女性向けの新サービス「カラダのキモチ」を2013年6月1日に提供する。カラダのキモチでは、10秒で基礎体温の計測が可能なオムロンヘルスケア製の婦人用電子体温計(MC-642L)とスマートフォンを連携。記録した基礎体温などから身体の不調を検知した場合、アプリ経由で受診をアドバイスする。ユーザーがアドバイスに従い受診した場合には、所定の条件の元で「お見舞金」を支払う。お見舞金には、「女性疾病見舞金」5000円と「要精密検査見舞金」3万円の2種類がある。

また同日NTTドコモは、提供中の健康サービス「i Bodymo」に、写真からキャラクターを作成して楽しめる「ピクキャラ」機能と、歩数によってドコモポイントが当たる「歩数ランキング懸賞」機能を追加することを発表した。i Bodymoはドコモが提供し、サービスの企画、アプリの開発・保守などはドコモ・ヘルスケアが担当するサービス。今後、わたしムーヴとi Bodymoを連携させたサービスも提供していく。

【報道発表資料】
健康プラットフォーム「WM(わたしムーヴ)」の提供開始
i Bodymoを機能拡充

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。