WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

ニールセンがスマートフォン視聴率データの提供を開始

2013.05.20

Updated by Asako Itagaki on May 20, 2013, 23:35 pm JST

5月20日、ニールセンはスマートフォン視聴率「Mobile NetView」の提供開始を発表した。日本国内のスマートフォン4000台(iOS、Android各2000)の利用動向を計測して統計処理をほどこすことで、OS、Androidの両OSのウェブサイト訪問状況、アプリ利用状況をレポートする。

実測データに対してニールセンが毎月実施するスマートフォンユーザーの人口調査を基に、性年齢等の構成分布を調整し、拡大推計する。 従来の利用者アンケートとは異なり、ユーザーのアクセスログに基づくデータであり、アプリやウェブサイトの利用時間や利用頻度などの正確な利用動向データが提供できること、また利用者属性情報を含むパネル調査であり、属性別の利用状況が把握できる。集計は月次で、当月末までのデータが翌月19日に提供される。提供形態は、年間契約者に対するオンラインサービスとなる。

Mobile NetView2013年3月データによると、スマートフォンからの月間インターネット利用者(アプリの利用者、および、ウェブサイトの訪問者)は2,748万人、一人当たりの利用時間は40時間2分。アプリの利用者は2,745万人で利用時間は31時間27分、ウェブサイトの訪問者が2,676万人、訪問時間が13時間9分となり、アプリ利用時間がウェブサイト訪問時間の2倍超となっている。また、アプリの中で最も利用者数が多いのはLINEで、1713万人が利用した。

【報道発表資料】
ニールセン、スマートフォン視聴率 Mobile NetViewの提供を開始

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

板垣 朝子(いたがき・あさこ)

WirelessWire News編集委員。独立系SIerにてシステムコンサルティングに従事した後、1995年から情報通信分野を中心にフリーで執筆活動を行う。2010年4月から2017年9月までWirelessWire News編集長。「人と組織と社会の関係を創造的に破壊し、再構築する」ヒト・モノ・コトをつなぐために、自身のメディアOrgannova (https://organnova.jp)を立ち上げる。