WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

ドコモ、やや復調するものの引き続き苦戦--5月の事業者別契約数

2013.06.07

Updated by Asako Itagaki on June 7, 2013, 19:08 pm UTC

電気通信事業者協会(TCA)は2013年6月7日、2013年6月末の携帯電話などの事業者別契約数の統計数値を発表した。携帯電話キャリア別の純増数は、ソフトバンクモバイルが引き続き首位。前月、わずか1300件の純増だったNTTドコモは9万1800件の純増となった。

携帯電話の総契約数は1億3228万件で前月比0.5%の増加。事業者別の純増数は、ソフトバンクモバイルが29万8000件、KDDIが22万7000件、NTTドコモは9万1800件。「ツートップ」を全面に打ち出し大々的なプロモーションを展開しているドコモだが、今のところ効果は薄いようだ。LTEサービス単独の数値を唯一公表しているNTTドコモのXiは、5月の純増が103万200件と100万件超に回復し、累計契約数を1326万4000件に伸ばした。

なお、純増の内数に含まれる通信モジュールサービスについてはソフトバンクが7万8400件、auが1万800件、NTTドコモが2万2300件。

ウィルコムのPHSは純増が4万2900件、累計契約数は560万2800件とした。BWA(Broadband Wireless Access)は総契約数が546万件。WiMAXサービスを提供するUQコミュニケーションズは、4万7700件の純増で、累計契約数が418万1600となった。ソフトバンクモバイルの「SoftBank 4G」に回線を提供しているWireless City Planningは、9万5000件の純増で累計契約数を142万1200件へと伸ばした。

【報道発表資料】
2013年05月末現在 事業者別契約数

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

板垣 朝子(いたがき・あさこ)

WirelessWire News編集委員。独立系SIerにてシステムコンサルティングに従事した後、1995年から情報通信分野を中心にフリーで執筆活動を行う。2010年4月から2017年9月までWirelessWire News編集長。「人と組織と社会の関係を創造的に破壊し、再構築する」ヒト・モノ・コトをつなぐために、自身のメディアOrgannova (https://organnova.jp)を立ち上げる。