WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

アップル、「iPhone 5S」「iPhone 5C」を発表 - 初の2機種投入

2013.09.11

Updated by WirelessWire News編集部 on September 11, 2013, 11:52 am JST

アップル(Apple)が米国時間10日、クパチーノ(カリフォルニア州)の本社で製品発表イベントを行い、事前の予想通り、新型スマートフォン2機種を披露した。


[Bloomberg]

このうち、上位モデルの最新版「iPhone 5S」は、64ビットアーキテクチャのSoC「A7」プロセッサならびに各種センサーのデータ処理を行う「M7 モーション・コプロセッサ」を搭載し、現行機種「iPhone 5」から大幅な処理速度の向上を実現。またホームボタンの部分には「Touch ID」という指紋認証機能が内蔵され、これを従来のPINコードやパスワードの代わりに使うことで、端末のロック解除やオンラインショッピングの認証を行うことが可能になっている。内蔵カメラは前モデルより15%大きなセンサーを備え、自然な色合いを実現する「True Tone フラッシュ」を搭載。28メガのパノラマ撮影機能やより高速なオートフォーカス、複数の写真を撮影してベストの1枚を選ぶ「バーストモード」などソフトウェア周りも改良されている。


The Verge]

iPhone 5Sはシルバー、スペースグレー、ゴールドの3種類のボディカラーが提供され、価格は価格16GBモデルが199ドル、32GBモデルが299ドル、64GBモデルが399ドルとなっている(いずれも米国でのもので2年契約が条件)。9月13日から各国で予約受付を開始し、9月20日に発売の予定となっている。

いっぽう「iPhone 5C」は、プラスティックコーティングを施したポリカーボネートの本体が最大の特徴で、緑、白、青、赤、黄色の5つのカラーバリエーションが提供される。4インチの「Retina」ディスプレイ、「A6」プロセッサ、8メガピクセルの「iSight」(背面)カメラなど基本的なハードウェア性能は「iPhone 5」を引き継ぐものの、バッテリー駆動時間のなど一部の部分で改良が加えられている。
発売はiPhone 5Sと同じく9月20日。価格は16GBモデルが99ドル、32GBモデルが199ドル(米国市場の場合。2年契約が条件)。またiPhone 5C専用ケース(6種類のバリエーション、各29ドル)も発表されている。


The Verge]

なお、iPhone 5S、同5Cのいずれも5つの通信方式に対応するモデルが用意される。また今回日本でNTTドコモによる取り扱いが始まることも発表されている。

このほか、アップルは最新「iOS 7」へのアップデートを9月18日にリリースすることも発表。また音楽ストリーミングサービス「iTunes Radio」についても、同日に米国でサービスを開始するとしている。


[Bloomberg]

【参照情報】
Apple Announces iPhone 5s--The Most Forward-Thinking Smartphone in the World - Apple
Apple Introduces iPhone 5c--The Most Colorful iPhone Yet - Apple
Apple iPhone 5s and 5c: everything you need to know - The Verge
iPhone 5s and 5c: comparing Apple's latest against the best phones out there - The Verge
iPhone 5s and iPhone 5c vs. iPhone 5: What has Apple changed?
Apple Unveils New IPhones at Cheaper Price - Bloomberg
DoCoMo Ends IPhone Holdout to Win Back Customers - Bloomberg

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

RELATED TAG