WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

以心伝心、マインド・メルド

2013.09.12

Updated by Kenji Nobukuni on September 12, 2013, 12:00 pm UTC

201309121200-2.jpg

ワシントン大学のRajesh Rao教授(以下、甲という)の脳からの信号を、インターネットを介して離れた場所にいるAndrea Stocco氏(以下、乙という)の脳に送信する実験が公開された。

甲は頭に、脳波を検出する電極のついたヘッドギアを被る。「ターミナル・マン」(マイケル・クライトンの小説)のように外科手術をして脳の中に何かを埋め込んだりする必要はない。検出された信号はインターネットを介して伝送され、乙が頭に被ったヘッドギアに送られる。乙のヘッドギアにはコイルが内蔵されていて、乙の脳(左半球運動野)に頭皮の上から磁気をかける。

甲がコンピュータ・ゲームの画面を見ながら、標的を打つためにキーを叩くことを「想像」する(実際は叩かない)と、乙の右手が離れた場所でキーを叩く様子の映像が公開されている。世界初の脳間通信で、研究者たちは半ば冗談にこの研究を人気テレビ・シリーズ「スタートレック」でミスター・スポックが考えを他者とシェアする能力、「マインド・メルド(mind meld)」になぞらえている。「マインド・コントロール」と表現している記事もある。まだまだ離れた場所で指が動いた程度だが、今後は双方向通信に挑む予定だという。使っている技術は脳波検査に使うEEGなど既存技術ばかりだとのことだ。

【参照情報】
ワシントン大学の同研究プロジェクトのウェブページ
Scientists boldly go where no man has gone before
Mind Control Works in Researchers' Experiment

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

信國 謙司(のぶくに・けんじ)

NTT、東京めたりっく通信、チャットボイス、NECビッグローブなどでインターネット関連の事業開発に当たり、現在はモバイルヘルスケア関連サービスの事業化を準備中。 訳書:「Asterisk:テレフォニーの未来