WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

NEC、タブレットをデジタルサイネージに変える金融機関向けのソリューション

2013.10.11

Updated by Naohisa Iwamoto on October 11, 2013, 19:09 pm UTC

NECは2013年10月11日、金融機関向けの情報配信ソリューション「デジタルサイネージ for タブレット」の販売を開始すると発表した。タブレット端末をデジタルサイネージとして活用することを目的に、金利などの最新情報を本部のサーバーから一斉配信できるようにした。

金融機関では、金利や商品ポスター、商品概要説明書などの情報を顧客に提供することが法的に義務付けられている。これまで金融機関は、金利を表示するディスプレイを設置したり、商品概要説明書を印刷して店舗に用意するなどしていた。「デジタルサイネージ for タブレット」では、最新の金利や商品概要説明書の情報を本部からの一斉配信でタブレットに表示できるため、専用の金利ボードなどが不要になるほか、紙の説明書のコストも削減できる。コンテンツは一斉に配信できるだけでなく、配信期間の指定や配信予約なども可能で、店頭で紙の差し替え作業が不要になる上、誤った情報の掲示や配布も防げる。

ソリューションは、タブレット端末60台のシステム規模で税別1500万円から。東京都港区に本店を置くさわやか信用金庫で、2013年11月末から先行的に本格導入する。NECでは今後3年間に30金融機関への提供を目標としている。

【報道発表資料】
NEC、「デジタルサイネージforタブレット」を金融機関向けに販売開始

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。