WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

アップル、地図技術やメモアプリ関連を強化か - 2社の買収が判明(9to5 Mac報道)

2013.12.24

Updated by WirelessWire News編集部 on December 24, 2013, 13:30 pm UTC

アップル(Apple)が、地図技術のブロードマップ(BroadMap)ならびにメモアプリを開発するキャッチ(Catch)の2社を買収していたことが明らかになった。

9to5 Macによれば、ブロードマップは地図データの管理や整理、分析などのノウハウや技術を保有する企業で、同社の技術はノキア(Nokia)やマップクエスト(MapQuest)などの地図にも利用されていたという。また、AllThingsDによると、アップルが買収したのはブロードマップの技術や開発チームであり、同社自体やブランド名ではないと指摘。同社の技術は今後、アップルがiOSやOS X向けの地図データを有効活用するために利用される可能性があるという。

いっぽう、キャッチはiOSやAndroid向けのシンプルなメモアプリを提供していた企業で、今年8月にサービスを停止するまでは、クラウドメモアプリのエバーノート(Evernote)の競合としても注目を集めていたという。9to5Macでは、キャッチの今後について、アップルの音声アシスタント「Siri」やiOS/OS X向けのメモ・リマインダー機能などに同社の技術が統合されるほか、アップルのモバイルユーザーインターフェイスやiCloudにも同社の技術が活用される可能性を指摘している。また、キャッチは以前Andorid向けに「Compass」という位置情報にメモを加えて記録するサービスを提供しており、アップルがこの技術に関心を持ったとする可能性も挙げられている。

アップルは今年すでに、地図関連のエンバーク(Embark)やチップメーカーのパシフ(Passif)、検索関連のキュー(Cue)やトプシー(Topsy)、ハードウェア企業のプライムセンス(PrimeSnse)など複数の企業買収を行っている。同社は直近の決算発表のなかで、2013年に15の企業を買収していたことを発表していたが、このうち5社は明らかになっていなかった。

なお、9to5Macでは、上述のキューやトプシーの技術について、アップルがSiriの改善に利用する考えとする関係者の話も紹介されている。

【参照情報】
Apple likely acquired mapping firm BroadMap, location-infused Evernote competitor Catch - 9to5 Mac
Apple Did Indeed Acquire BroadMap and Catch Earlier This Year - AllThingsD - AllThingsD
Report: Apple added mapping and note-taking expertise with likely deals for BroadMap and Catch - GigaOM

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

RELATED TAG