WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

グーグル、ビデオ会議システム「Chromebox for meetings」を発売

2014.02.10

Updated by WirelessWire News編集部 on February 10, 2014, 12:39 pm UTC

グーグル(Google)が米国時間6日、Chrome OSを使用したビデオ会議システム「Chromebox for meetings」を米国市場向けに発売した。

この製品パッケージには、インテル(Intel)のCore i7を搭載したChromeboxのほか、ロジクール(Logitech)のHDウェブカメラ、Jabraのスピーカーホン、リモコンが含まれ、価格は999ドル。なお、スクリーンは別途用意する必要があるほか、グーグルのクラウドサービス利用料が年間250ドルかかるという。

また、当初は米国のみでの発売となるが、日本、オーストラリア、カナダ、フランス、スペイン、英国、ニュージーランドでも今年中の発売が予定されているという。

グーグルの社内では、すでに類似のビデオ会議システムが導入され、遠隔オフィス間のコミュニケーションなどに日常的に利用されている。また社内システムを開発したのと同じチームが今回発表された技術の製品化を担当したという。

このビデオ会議システムはGoogle+のハングアウト機能を利用しており、GmailユーザーならPC端末やタブレット、スマートフォンなどからもビデオ会議に参加することが可能。またGoogleカレンダーとも同期できるため、会議室とChromebox端末をネットワークでつなげることで、予約のダブルブッキングを防いだり、次の会議の予定を表示させたりすることも可能という。そのほか、現在話をしている参加者の名前をハイライトさせたり、話をしている参加者のマイクがオフになっている場合にアラートを表示するなど、会議を円滑に進めるための様々な機能も備わっているという。

【参照情報】

Google wants to replace your office's teleconference system with a $999 Chromebox
- The Verge
With Its Tiny PC, Google Makes a Play for Your Conference Room - Wired

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

RELATED TAG