WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

労働力を売るだけの取引になんで入社式とかいうモノが必要なわけ?

2014.03.29

Updated by Mayumi Tanimoto on March 29, 2014, 05:00 am JST

そろそろ新学期、新年度でありまして、入学式、入社式の時期でありますね。ワタクシは日本で入学式は何度もでておりますが、入社式というのにでたことがありません。というか、入社式のある会社で働いたことがないんですけどね。普通の新卒就職をしたことがないので。

さて、入社式というのでありますが、実は他の国ではなかったりします。

例えばワタクシのいるイギリスなんですけど。入社式。聞きませんね。だって、大規模な新卒一括採用がない。優秀な新卒を青田買いして幹部候補として雇うグラジュエートスキームなんて採用方法はあったりしますけど、それって超少数の新卒の学生さん向け。

他はインターン先に就職したり、卒業してから何ヶ月(運が悪い場合は数年)してから就職とか、仕事を始める時期がバラバラですから。なにせここは個人個人の能力と技能、さらに経験値で人を雇うことが多いので、スキルも経験もない学生をいきなり大量に雇って面倒見るなんてご親切なことはやってくれませんので。

技能がない人は就職できないんですよ。どんなに自己紹介がお上手でも。日本で就職する新卒学生さん、良かったですね。何の芸がなくても就職できるんですから。

先日日本で話題になった鴨川シーワールドで新入社員がスーツごとずぶ濡れになるという入社式がありましたが、それをこっちの人に紹介したら「あのさ、そもそも入社式って何それ?はあ?」と言うんですね。

それでこんな質問攻めになりました。

ー 付加価値を一円も産まない低技能労働者(新卒)になぜ経費と時間をかけてセレモニーをやるのか?
ー ずぶ濡れになると仕事ができる様になるのか?
ー そういう儀式の間はトレーニングも仕事もできないがそれは無駄ではないのか?
ー 他の社員は嫌がらないのか?
ー 日本の会社はパフォーマンスが芳しくない所が多いようだがなぜ技能がない労働者(新卒)を一気に大量に雇えるのか?
ー ずぶ濡れになることをヒュミリエーション(嘲笑)やイジメとして訴える人はいないのか?

イギリス人は基本的にケチですので、「付加価値を産まない作業」をやるのって凄く嫌がるんですよね。外から見ると超伝統的なイメージがあるんですけど、実際はかなり違って、無駄なことは大嫌いという人が多いです。特に仕事に関しては。お遊びは熱心なんですけども。

だから、付加価値を産まない儀式に時間も金もかけたくないんですよ。お客さん向けのイベントにはたっぷりお金を使いますよ。夏になると競馬場で接待したり、ローリングストーンズのコンサートチケットバラまいたり、ポールダンスやる所でお姉さん触らせたりとか。なにせお客さんですから。喜べばお金落としてくれますしね。

会社で働くなんて、単に自分の技能とか労働時間を経営者に売るだけの取引に過ぎないのに、取引開始するだけなのに、付加価値を産まない行事や活動がやたらと多いのが日本の組織なのでありますが、まあ結局、定時に家に帰れないとか、労働時間が長いというのは、これが根本原因なんでありましょうな。要するに頭が悪いわけです。

入社式に大金と時間かけるなら、仮想デスクトップソリューションでも入れて、在宅勤務でも進めた方がいいんじゃないですかね。だってみんな同僚も上司も嫌いでしょ。

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

谷本 真由美(たにもと・まゆみ)

NTTデータ経営研究所にてコンサルティング業務に従事後、イタリアに渡る。ローマの国連食糧農業機関(FAO)にて情報通信官として勤務後、英国にて情報通信コンサルティングに従事。現在ロンドン在住。