WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

フェイスブック、モバイル決済サービスの提供準備(FT報道)

2014.04.15

Updated by WirelessWire News編集部 on April 15, 2014, 11:35 am JST

フェイスブック(Facebook)がモバイル決済サービスの提供に向けた準備を進めているとする関係者の話を英国時間13日付のFinantial Times(FT)が報じている。

FTによれば、フェイスブックは現在アイルランド中央銀行(Central Bank of Ireland)に対して、このサービスの承認を申請しているという。サービスの内容は、同社のユーザーが自分のアカウントにプールした金銭をウェブやモバイル端末経由で使えるようにするというもので、今後数週間以内に承認が下りる可能性があるという。またフェイスブックはオンライン送金サービスやモバイル端末を使った国際送金サービスなどを提供するロンドンの新興企業数社と提携に向けた話し合いを進めているという。

この話題を採り上げたThe Vergeでは、フェイスブックがこのモバイル決済サービスをまずどの市場で展開するかなどは不明としつつ、欧州全体での展開、あるいは発展途上地域に重点を置いた展開となる可能性もあるなどと記している。

調査会社ガートナー(Gartner)が昨年6月に発表していた予測によると、モバイル決済の市場規模は2012年から2017年にかけ毎年平均35%ずつ成長し、2017年には取扱高が7210億ドル、利用者数は約4億5000万人に達する見通しだと、この話に触れたReutersでは記している。

モバイル決済市場には、すでにペイパル(PayPal)やグーグル(Google)、複数の大手カード会社や携帯通信事業者などが参入しているほか、アップル(Apple)も参入を検討しているとする話が報じられていた。いっぽう、発展途上地域ではSMSを使った決済・送金サービスの普及も進んでおり、たとえばケニアや南アフリカで成功した「M-PESA」はすでに約1700万人の利用者を抱え、3月末からはルーマニアのボーダーフォン加入者にも提供され始めているという。

なお、フェイスブックは3月下旬に、モバイル端末から同社サービスを利用する月間アクティブユーザー数が10億人を突破したことを明らかにしていた。

【参照情報】
Facebook plans to provide mobile payment services: FT -
Facebook reportedly planning money storage and transfer services - The Verge
Mobile money revolution spreads to Europe as Vodafone brings M-Pesa to Romania - GigaOM
Facebook Says It Has 1B Monthly Active Users On Mobile, 200M Actives On Instagram - TechCrunch

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら