WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

グーグル、ヴァージン・ギャラクティックと提携交渉(Sky News報道)

2014.06.13

Updated by WirelessWire News編集部 on June 13, 2014, 15:23 pm JST

グーグル(Google)が、宇宙旅行ビジネスの立ち上げ準備を進めるヴァージン・ギャラクティック(Virgin Galactic)を相手に、同社への出資やジョイントベンチャー設立に向けた交渉を進めているという。英国時間12日にSky Newsが報じた。

Sky Newsによると、グーグルはヴァージン・ギャラクティックに3000万ドルを出資し,同社株式の1.5%程度を取得した考え。また両社で人工衛星打ち上げを行うジョイントベンチャーを立ち上げる話も進んでいるという。なお、グーグルから出資が決まった場合、ヴァージン・ギャラクティックの評価額は約20億ドルになるという。

ヴァージン・ギャラクティックでは、今年中にも商業運航を開始をしたい考えを明らかにしてるものの、いまのところ具体的な期日などは明らかになっていない。この話題を採り上げたWSJでは、グーグルとの提携がヴァージン・ギャラクティックにとっては「重要な信任投票」になる、などと指摘している。


[Virgin Galactic's Third Powered Flight]

グーグルは、今年4月にソーラーパネルを搭載した無人機の開発を進めるタイタン・エアロスペース(Titan Aerospace:以下、タイタン)を買収していた。また今月10日には、人工衛星から撮影した世界各地の画像・映像を解析・提供するスカイボックス・イメージング(Skybox Imaging)の買収も発表していた。
さらに今月はじめには、同社がネット接続用人口衛星の研究開発に10億ドル以上の投資を計画しているとする話がWSJで報じられていた。同社はこの計画で、気球や無人機、人工衛星などを利用しながら、主に発展途上地域でのインターネット接続サービス提供を目指しているとされる。

【参照情報】
Google In Talks To Take Virgin Galactic Stake> - Sky News
Google Places Another Bet in Space> - WSJ
Google reportedly eying a stake in Virgin Galactic> - GigaOM

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

RELATED TAG