WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

富士通、セキュリティーと利便性を両立したWi-Fi環境をクラウドで提供するビジネスソリューション

2014.08.05

Updated by Naohisa Iwamoto on August 5, 2014, 17:06 pm UTC

富士通は2014年8月5日、企業などの無線LAN(Wi-Fi)環境をクラウドの活用により集中管理・運用できるようにするソリューション「FUJITSU Managed Infrastructure Service FENICSⅡ ビジネスWi-Fiサービス」(以下、ビジネスWi-Fiサービス)を同日から提供開始したと発表した。スマートデバイスで企業内のWi-Fiを利活用できるシステムを、初期投資を抑えるとともに運用・保守作業も軽減できる形態で導入できるという。

ビジネスWi-Fiサービスは、スマートデバイスが普及してきた中で企業のWi-Fiに求められる、安全性・セキュリティーの確保と新サービスのインフラとしての利便性向上の両面を、導入企業の負担を軽減しながら実現することを目的としている。

具体的にサービスでは、アクセスポイント管理基盤、認証基盤の機能を富士通データセンターのクラウド上に構築しと、企業の拠点に設置するレンタルアクセスポイントと組み合わせて月額サービスとして提供する。拠点のレンタルアクセスポイントは、富士通データセンターの管理基盤から遠隔監視し、電波環境の安定化や万が一の問題発生時の対策につなげる。スマートデバイスをWi-Fiで接続する際は、富士通データセンターの認証基盤との連携により、ID認証だけでなく、デバイス証明書認証を利用できるようにする。あらかじめ許可されていないデバイスからは社内ネットワークにアクセスできないため、セキュリティーレベルを高められる。

一方、店舗などの来訪者に対してインターネット接続やO2Oサービスのネットワークインフラの提供のために、Wi-Fiを活用するソリューションにも応える。社内ネットワークへのアクセスと同じレンタルアクセスポイントを共用して、来訪者にはインターネットにだけ接続できる形態でWi-Fiを開放する機能を備える。

提供価格は、基本サービスが初期費用6万8500円、月額費用が1社当たり6万8000円。アクセスポイントレンタル・管理費用が、初期費用3万2000円、月額費用がアクセスポイント1台当たり3600円から(以上、税別)。富士通では3年間で30億円の販売目標を掲げている。

【報道発表資料】
企業のスマートデバイスの利活用を促進する「FENICSⅡ ビジネスWi-Fiサービス」を提供開始

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。