WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

LATEST NEWS

国際標準ベースのIoTセキュリティ実装評価、セキュアIoTプラットフォーム協議会が検証開始

セキュアIoTプラットフォーム協議会(SIOTP協議会)は、国際標準をベースにしたセキュリティチェックシートを策定し、これに基づいた実際の有効性評価を開始する

2020.02.20

IoT機器の製造から廃棄までをセキュアに、サイバートラストとパナソニックが開発連携

IoT機器のセキュアなライフサイクル管理に向けて、サイバートラストとパナソニック セミコンダクターソリューションズは開発連携の検討を行う

2020.02.06

IoT機器などの不正回路を検知、サプライチェーンのセキュリティ確保に向けて早大などが研究開発

早稲田大学などは、不正回路を持つ電子機器を検知する技術の開発に取り組み、電子機器などのサプライチェーンのサイバーセキュリティ確保への貢献を目指す

2019.10.28

東京2020で加速するテレワーク、そのセキュリティ対策に求められるものは?

オフィス“以外”の場所で快適に安全に働ける環境を整える――。働き方の多様化を実現するには、働く場所も多様化が求められる。オフィス以外で快適に働ける「場所」にはどのようなものがあり、「セキュリティ」にどう留意したらいいかを考えてみたい。

2019.08.29

最新TLS1.3に対応したIoT向け軽量暗号化プロトコル、ユビキタスAIコーポレーション

暗号化プロトコルTLS/SSLの最新版「TLS1.3」に対応した軽量のIoT向けTLS/SSLプロトコルスタックを、ユビキタスAIコーポレーションが提供開始した

2019.07.30

ハッキングできるIoTデバイス、だからこそ提供者側に求められるセキュリティ総合対策

IoTデバイスと化したテレビもロボット掃除機もコーヒーメーカーも、ハッキングの脅威にさらされている。製品やサービスの提供者側にIoTセキュリティの実装が急務となる──。セキュアIoTプラットフォーム(SIOTP)協議会の年次の社員総会(2019年5月31日開催)に合わせて開催されたシンポジウムの特別講演と活動報告は、そうした課題をまさに感じさせるものだった。

2019.07.04

ポストデジタル時代は「DARQ」で競争優位に! アクセンチュアがトレンドを解説

ポストデジタル時代が到来し、DARQをはじめとする5つのテクノロジーに備える必要がある--アクセンチュアは最新のレポートでこう指摘する

2019.04.24

高度なIoT機器のセキュリティ検証の低コスト化を支援、ユビキタスAIコーポレーション

IoT機器のセキュリティ検証を容易で低コストに実現できるように支援するサービスをユビキタスAIコーポレーションが開始した

2019.04.19

家庭内のIoTデバイスに向けたセキュリティソリューション、デジオンが提供へ

ホームネットワークやサウンド関連などのソフトウエア開発を手がけるデジオンは、Kaspersky Labとパートナーシップを結んでIoTデバイスに向けたセキュリティソリューションの提供を始める

2018.12.21

工場の業務を止めないセキュリティ対策、IIJがSDN技術を使ったソフトを開発

工場などで業務を支えるネットワークやシステムは、マルウエアなどに感染した機器を隔離してしまうと製造ラインが止まって大規模な影響を及ぼすことがある。そうした事態に陥らないように、業務継続性を重視したセキュリティ対策を支援するソフトが開発された。

2018.11.16

ARCHIVES