WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

ドコモ、予約受付開始から2日後にようやくiPhone 6の金額を発表、下取り増額も

2014.09.15

Updated by Naohisa Iwamoto on September 15, 2014, 19:20 pm UTC

NTTドコモは2014年9月14日、iPhone 6/iPhone 6 Plusの金額を発表した。9月12日に予約受付を開始したが、金額は明らかにされていないままの状態が続いた。このほか、下取り増額などのキャンペーンも発表している。

▼NTTドコモのiPhone 6/iPhone 6 Plusの金額20140915_docomo001.png

iPhone 6/iPhone 6 Plusの金額は、表の通り(税込み、以下同)。実質負担額の24カ月の総額は、新規契約/MNPの場合にはKDDIやソフトバンクモバイルと同額または最大1728円のアップとなる。一方、機種変更の場合は最小で1128円、最大2856円のダウンとなる。機種変更のユーザーにより手厚いサポートがある形を採った。

また、iPhoneだけに適用されるキャンペーンは3種類を用意する。いずれも実施期間は9月19日から10月31日。

1つは「U25 iPhone割」。25歳以下で新規契約またはMNPでiPhoneを購入すると、月々サポートの金額を最大1万368円(月額432円)増額する。

2つ目は「iPhone下取りプログラム」の改定による割引額の増額。他社のiPhoneを下取りしてMNPでドコモのiPhoneに乗り換える場合、下取りによる割引またはポイント付与額を最大2万1600円増額し、最大で4万3200円の割引が得られる。

3つ目は、「iPhoneボーナスパケットキャンペーン」の実施。申し込み月から最大13カ月にわたり、毎月のデータ通信量を1GB増量する。

【報道発表資料】
iPhone 6およびiPhone 6 Plusの販売価格について (PDF)
iPhone向けキャンペーンを新設および改定(PDF)

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。