WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

もしもし、私、ヴィクトリアよ

2014.09.04

Updated by Kenji Nobukuni on September 4, 2014, 15:00 pm UTC

Talking Statuesのウェブサイト
201409041500-1.jpg

リカちゃん電話とは、昭和43年に始まったテレフォンサービスで、ある電話番号に電話をかけると、人形のはずのリカちゃんが話しかけてくれる(=録音が再生される)というサービス。あと4年で歴史が半世紀に達する長寿サービスである。

幼い女の子がリカちゃんと話せた(=声が聞けた)と喜ぶ姿は可愛いだろうが、もしも大人が「銅像から電話がかかってきた」と言い出したら、正気かどうか疑わざるを得ないだろう。ロンドンではそういう事態が起こっているかもしれない。

8月19日にはじまった「Talking Statues」は、Sing Londonという非営利団体がAntenna International社の技術提供を受けて始めた1年間の期間限定プロジェクト。ロンドンとマンチェスターに設置されたヴィクトリア女王、シェイクスピア、アイザック・ニュートンなどの歴史上の人物やシャーロック・ホームズなど35の像の台座に設置されたデバイスにNFC機能付きスマートフォンをかざしたり、カメラでQRコードを読み取ったり、あるいはURLを打ち込んだりすると、銅像から電話がかかってくる。

マンチェスター内の地図(PDF)
201409041500-2.jpg

ウェブサイトには、「もし銅像が話せたら、彼らはどんな物語を語るだろう?(IF STATUES COULD TALK, WHAT STORIES WOULD THEY TELL?)」と書かれている。英国のライターがシナリオを書き、俳優が音声を吹き込んでいる。18世紀のイギリス文壇の大御所、サミュエル・ジョンソンならば彼が編纂した「英語辞書(Dictionary of the English Language)」について語ってくれるという。

2007年設立のSing Londonは2009年にはロンドン市内に誰でも演奏できるピアノを、オリンピックのあった2012年には卓球台を、はたまた喋るゴミ箱を市内各所に置くなど、さまざまなイベントを仕掛けてきている。

今回のTalking Statuesのプロジェクトでは、人だけでなく、「ディック・ウィッティントンと猫」という14世紀から語り継がれる物語に登場する猫も電話をしてくれる。

【参照情報】
Sing Londonのウェブサイト
Talking Statuesのウェブサイト

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

信國 謙司(のぶくに・けんじ)

NTT、東京めたりっく通信、チャットボイス、NECビッグローブなどでインターネット関連の事業開発に当たり、現在はモバイルヘルスケア関連サービスの事業化を準備中。 訳書:「Asterisk:テレフォニーの未来