WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

中国での新型iPhone発売、最後のハードルをクリア - 闇市場ではすでに価格暴落

2014.09.30

Updated by WirelessWire News編集部 on September 30, 2014, 13:07 pm UTC

中国政府の工業情報化部(Ministry of Industry and Information Technology、MIIT)が現地時間30日に、アップル(Apple)の「iPhone 6」および「iPhone 6 Plus」の発売を承認したとReutersが伝えている。

具体的な発売日などはまだ発表されていないが、Apple Insiderでは、中国国内のアップルストア関係筋の話として、10月10日(金)に発売される可能性があるとの話を伝えている。

中国市場はアップルにとって米国に次ぐ重要市場となっており、昨年の「iPhone 5s」「iPhone 5c」からは、新製品の発売第一陣のなかに含まれていた。ところが今年は規制当局による承認に時間がかかっていることなどが原因で、発売開始が遅れており、アップルでも正式な発売期日を明らかにしていなかった。また、この影響で香港をはじめ日・米・豪などで購入され、本土に持ち込まれた新型iPhoneが市販価格の2倍以上の値段で取引されているなどとする話も複数の媒体で報じられていた。

ところが、ここに来て、こうした闇市場でのiPhoneの価格がすでに下がってきているとする話が浮上している。NYTimesによると、たとえば北京の中心部にある電化製品市場では「iPhone 6」および「iPhone 6 Plus」の取引価格が、発売直後の12000元〜15000元(1960ドルから2450ドル)から現在では6500元〜8800元(1060ドル〜1436ドル)まで下落しているという。また密輸された「iPhone 6」の在庫がだぶつき気味という販売業者の話も紹介されている。

この話題を取り上げたCNETでは、多くの消費者が適正な価格で購入するべくアップルの正式な発売開始を待っているとの可能性や、シャオミ(Xiaomi)など低価格で品質の高いスマートフォンを提供する新興メーカーの台頭もiPhoneの需要に影響を与えている可能性なども指摘している。

【参照情報】
China regulator approves Apple's iPhone 6 for sale in China - Reuters
Apple expected to begin selling iPhone 6 in China on October 10 - Apple Insider
A Glum Sign for Apple in China, as Smuggled iPhones Go Begging - NYTimes
Prices drop for iPhone 6 devices smuggled into China -- report - CNET

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

RELATED TAG