WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

ニューヨーク市内の電話ボックスに、無断で広告配信・情報収集用ビーコン設置(BuzzFeed報道)

2014.10.07

Updated by WirelessWire News編集部 on October 7, 2014, 12:54 pm JST

ニューヨークのマンハッタンにある約500ほどの公衆電話ブースに、情報収集・配信用のビーコンがひそかに設置されていたことが明らかになり、公衆電話を管理する市当局がこの取り外しを命じたという話がBuzzfeedで報じられている。

Buzzfeedによると、このビーコンを設置したのはニューヨーク市の公衆電話にディスプレイ広告を提供するタイタン(Titan)という企業。同社ではニューヨーク市のIT&テレコミュニケーション部署(Department of Information Technology and Telecommunications)から許可を得てビーコンを設置したとみられるが、この件についての一般に対する告知や説明などはなされていないという。

Bluetooth経由でスマートフォンなどと通信するビーコンをつかった情報提供やクーポン配布は、MLB(大リーグ)チームのスタジアムなど一部ですでに実験が始まっている。ただし、今回問題になったタイタンがどのような目的でビーコンを使用しようといていたか、接続する端末のユーザーからどういう形で同意を得ようとしていたかなどについては明らかになっておらず、その点がプライバシーの侵害につながるとの懸念も指摘されているようだ。

なお、今回の報道後、ニューヨーク市はタイタンにこれらのビーコンの取り外しを命じたとBuzzfeedは記している。

【参照情報】
Exclusive: Hundreds Of Devices Hidden Inside New York City Phone Booths - BuzzFeed
Advertising beacons discovered in hundreds of NYC phone booths - The Verge

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

RELATED TAG