WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

モバイル時代の救援物資

2014.10.17

Updated by Kenji Nobukuni on October 17, 2014, 11:00 am UTC

災害や紛争から逃れた避難者向けの救援物資と言えば、食糧や水、医薬品や毛布などが思い浮かぶが、イギリス空軍が8月にイラク北部の避難民に空から届けたものは、時代を反映する物資だったようだ。

C-130ハーキュリーズは、8月9日から12日にかけて、都合5,870個の再利用可能な黄色い5リットル入り浄水容器と、1,056個のソーラー・ランタン「SUNLITE」を投下した。ソーラー・ランタンは太陽光で発電し、フルチャージにするとLEDを最大11時間点灯することができ、夜間の照明器具として使用できる。併せてさまざまな機種向けの電源用のコネクターがついていて、避難民のモバイル機器に充電することができる。ソーラー・ランタンのバッテリーは5から8年の耐用年数があるそうだ。

現代の紛争や自然災害からの避難民は、スマートフォンなどの機器を持って逃げている場合が多いだろう。しかし、仮に電波が届くエリアに逃げていても、電源を確保することは非常に難しい。反対に、電源さえあれば、情報を得て、連絡を取ることができる可能性が高まる。夜間に照明機器を持っていることは心強いに違いないし、避難した地域によっては野生動物などから身を守ることにもつながるかも知れない。

【参照情報】
イギリス政府のプレスリリース
How technology is changing disaster relief
Iraq crisis: What is 'life-saving aid'?

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

信國 謙司(のぶくに・けんじ)

NTT、東京めたりっく通信、チャットボイス、NECビッグローブなどでインターネット関連の事業開発に当たり、現在はモバイルヘルスケア関連サービスの事業化を準備中。 訳書:「Asterisk:テレフォニーの未来