WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

イーロン・マスク氏、低軌道衛星によるネットサービスを構想 - 10億ドル規模の投資を想定

2015.01.19

Updated by WirelessWire News編集部 on January 19, 2015, 13:18 pm UTC

電気自動車のテスラ・モータース(Tesla Motors)や民間宇宙船開発のスペースX(Space X)を率いるイーロン・マスク(Elon Musk)氏が、宇宙空間にまでインターネットを拡張し、将来的には火星と地球とをつなぐ通信ネットワークの構築を視野に入れていることが米国時間16日に明らかになった。Businessweekによると、同氏はこの計画に100億ドル程度の資金を投じる見通しだという。

マスク氏が構想するこの計画では、地球の軌道上(高度750マイル付近)に数百機程度の通信衛星を打ち上げ、これを利用して高速なインターネット接続サービスをネット接続環境がまだ整備されていない地域の人々に提供しようというもの。対象と想定される人口については約30億人超という数字が示されている。またこの計画が実現された場合、現在の光ファイバー網並みの通信速度を持つネット接続サービスを過疎地などにも提要できるようなるとされており、「宇宙空間なら光のスピードはファイバー経由の場合に比べて40%程度速くなる」といった説明もみられる。

このプロジェクトは、このほど新設されたスペースXのシアトルオフィスを拠点として進められる予定で、マスク氏は現在60人ほどの従業員が働く同オフィスの規模を今後3〜4年で1000名まで拡大していくとしているという。

なお、マスク氏と同様の衛星通信網実現を狙うワンウェブ(OneWeb)では先ごろ、クアルコム(Qualcomm)とバージングループの2社から資金を調達、またそれぞれの顔であるポール・ジェイコブズCEOとリチャード・ブランソン氏を社外取締役として迎えることになったという。ワンウェブ創業者のグレッグ・ワイラー(Greg Wyler)氏は、O3bという通信衛星関連のベンチャーを立ち上げ、これをグーグルに売却した実績の持ち主で、現在では多数の小型通信衛星を使ったネットワーク網の立ち上げを計画中だという。

【参照情報】
Revealed: Elon Musk's Plan to Build a Space Internet - Businessweek
Elon Musk wants to spend $10 billion building the internet in space - The Verge
Greg Wyler's OneWeb Satellite-Internet Company Secures Funding - WSJ

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら