WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

顔認識技術を使って入国者をチェック - 米の空港で実験始まる

2015.03.23

Updated by WirelessWire News編集部 on March 23, 2015, 13:45 pm JST

米国に帰国する市民を対象に、顔認識技術を使って本人確認を行う実験プログラムが、ワシントンDCのダレス国際空港などで今月から始まっているとMotherboradが報じている。

米国税関・国境警備局(United States' Customs and Border Patrol、CBP)が開始したこの実験は、「Apex Air Entry and E​xit Re-Engineering (AEER) 」というプロジェクトの一環。同プロジェクトは帰国者による通関時の身元詐称を見破るための技術開発が主な目的とされるが、すでに人権団体などから、生体データの濫用につながり兼ねないなどとする懸念の声も上がっているという。

「1:1 Facial Recognition Air Entry Pilot」と称されるこの実験プログラムでは、入国時に税関の係官が任意に選んだ帰国者の写真を撮影し、それとパスポートの写真とを照合して本人確認を行うというもので、これまで係官が目視などで行っていた作業を自動化するもの。また照合の結果が出るまでに5〜7秒しかかからなため、入国審査のスピードアップにも役立つ可能性がある。

なおMotherboradでは、死亡した米市民の社会保障番号を使って申請・取得されたパスポートの数が昨年1年間に約1万3500枚に上ったとする米国会計検査院のデータが引用されている。

いっぽうThe Vergeでは、米税関がメキシコ国境において、指紋認証や虹彩認証を使用した本人確認についても試験プログラムを開始していると伝えている。これらはイラクやアフガニンスタンですでにテストが行われたもので、特定の人物が国境を通過するときに確認するためのものだという。

CBPではこの実験プログラムに関し、データの保有期限を撮影後60日もしくは90日に限定することや、収集した顔写真データを国土安全保障省(DHS)以外の政府機関とは共有しないこと、19ヶ月間の実験期間終了後には集めたデータを削除することなどの方針を示して、プライバシー侵害の懸念がないことをアピールしているという。それに対し、電子フロンティア財団(EFF)のある関係者は、「今後こうした仕組みが国内の公共の場にも導入され、集めたデータが政府の他の機関と共有される可能性がある」などと述べているという。

【参照情報】
US Customs Quietly Launches Facial Recognition Experiment at DC Airport - Motherboard
US Customs is testing out biometric scanners at airports and border crossings - The Verge
DC airport tries using face recognition to catch imposters - Engadget

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら