UQがWiMAX 2+に割引料金、9月末のCA 220Mbps全国エリア化に向け移行促進

"GIGAYABA" sounds very Japanese...

2015.04.27

Updated by Naohisa Iwamoto on 4月 27, 2015, 19:43 pm JST

UQコミュニケーションズは2015年4月27日、既存のWiMAX機器を利用しているユーザーに向けて、WiMAX 2+への機種変更を促すキャンペーン「ギガヤバ移住計画」の一環として、割引料金を提供すると発表した。通常は月額4380円かかるが、対象者は月額3696円で2年間WiMAX 2+を利用できる。

割引料金は「WiMAX 2+ への機種変更に限定した割引料金」と名付け、5月1日から9月30日までにWiMAX 2+非搭載のWiMAX機器のユーザーがWiMAX 2+機種に機種変更した場合に提供する。WiMAX 2+対象機器に機種変更することで、月額3696円で最大220MbpsのWiMAX 2+の高速データ通信を利用できる。

UQコミュニケーションズでは、WiMAX 2+の下り最大速度を220Mbpsに高速化する「ヤ倍速」と、月間上限がなく使い放題の「ギガ放題」のサービスを合わせて、「ギガヤバ革命」と命名し知名度の向上を図る。220Mbpsの実現には、複数の周波数帯域を束ねて使うキャリアアグリゲーション方式と、基地局および端末の間で複数のアンテナを使うMIMO方式の双方がある。キャリアアグリゲーション方式による220Mbps対応は、2月から一部地域で開始している。割引料金の提供と同時に公開した同社代表取締役社長 野坂章雄氏の動画では、「9月末までにキャリアアグリゲーションによる220Mbpsの全国エリア化を完成させる予定」とした。

ただし、キャリアアグリゲーションによる220Mbps化が実施された地域では、既存のWiMAXの速度が最大40Mbpsから最大13.3Mbpsに減速されることになるので、既存のWiMAX機器のユーザーが不利益にならないようWiMAX 2+への割引料金への移行促進策を打った。野坂社長の動画では、UQ WiMAXサービスの利用者が4月末に1000万加入を超える予定との情報も明らかにされた。

【報道発表資料】
「ギガヤバ 移住計画」によるWiMAX 2+への移行促進について
UQ社長からの大切なお知らせとお願い

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。

RELATED NEWS