WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

睡眠トラッキング・ストラップ

2014.10.20

Updated by Kenji Nobukuni on October 20, 2014, 17:00 pm UTC

Beddit
201410201700-1.jpg

Bedditはベッドのマットレスに装着して睡眠をトラッキングするデバイスだ。名称はソーシャル・ブックマークのRedditと似ているが、Bedditはストラップ部分をマットレスに取り付けて寝れば、寝ている間の心拍数や呼吸、身体の動きをトラッキングする。Beddit社(2006年設立、本社:フィンランド)のサイトから149ユーロ(約2万円)で販売されている。色は白と黒の2タイプ。

FitbitやJawbone UPなど活動量計(アクティビティ・トラッカー)は主に歩数を測る高機能歩数計だが、睡眠をトラッキングする機能も持っているものが多い。しかし、主に睡眠中の身体の(主に手首の)動きから眠りの質を加速度センサーなどで推測する程度の機能なので、測定結果の質もそこそこ。ガジェットのおまけ機能みたいな扱いだ。しかし、睡眠は運動と同じく日々の健康を大きく左右するから、きちんと図りたいというニーズは各国で存在するらしい。

古くはiPhoneなどスマートフォンそのもののセンサーを使い、スマートフォンをベッドに置いておき、寝ている間の動きで身体が作るベッドの動きを計測するアプリもあったし、スマートフォンとは別にベッドサイドに人感センサーを置いて、寝ている人の動きから睡眠の質を「計測」する製品(例えば、オムロンの睡眠計など)もあった。最近では例えば、Withings社のAuraはベッドに置くマットと、ベッドサイドに置くセンサーの情報を組み合わせて睡眠の質を測る。頭に取り付けて脳波を測るものものある。

Bedditはヘルシンキ・スリープ・クリニックや研究機関と共同開発した製品で、心拍、呼吸、動きなどのデータからスリープ・スコアを算出して睡眠のパターンを可視化する。バリストカルジオグラフィー(心弾動図記録法)と呼ぶそうだ。スマホ用アプリでこうした情報や睡眠改善のヒントを提示するほか、スマホのマイクを使って寝ている間の鼾(いびき)を測ることもできるそうだ。個人の睡眠改善だけでなく、Bedditは研究機関や病院、ベッドのメーカーの開発部門などで高齢者や病人が快適に眠る環境を作るためにも利用されることを期待しているとのこと。

【参照情報】
Beddit社のウェブサイト
Beddit recieves multimillion euro investment for sleep monitor
11 Devices For Hacking Your Health ? 1. Beddit

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

信國 謙司(のぶくに・けんじ)

NTT、東京めたりっく通信、チャットボイス、NECビッグローブなどでインターネット関連の事業開発に当たり、現在はモバイルヘルスケア関連サービスの事業化を準備中。 訳書:「Asterisk:テレフォニーの未来