WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

セールスフォースに買収の可能性浮上(Bloomberg報道)

A rumor has been going around; Salesforce.com having buyout interest...

2015.04.30

Updated by WirelessWire News編集部 on April 30, 2015, 12:20 pm UTC

Bloombergが米国時間29日に伝えたところによると、米大手ソフトウエアベンダーのセールスフォース・ドットコム(Salesforce.com)に対して買収の打診があったという。打診を行った企業の具体名は明らかにされていないが、オラクル(Oracle)、マイクロソフト(Microsoft)、SAPなどの名前が取り沙汰されているようだ。

Bloombergによると、セールスフォースがこの提案を受け入れるか、それとも却下するかは現時点では不明。なおこの報道を受けて、セールスフォースの株価はこの日約12%上昇し、同社の時価総額は490億ドルに達したという。

BloombergはCRMソフトウェア市場に関する調査会社ガートナー(Gartner)のデータを紹介しているが、それによると企業別の市場シェアはセールスフォースが16%、SAPが13%、オラクルが10%、マイクロソフトが7%(2013年のデータ)。またセールスフォースの顧客数(エンドユーザー数)について、昨年の約600万人から2018年には1500万人まで増加するとするガートナーの予測も記されている。

この話題に触れたre/codeでは、セールスフォースの時価総額を手がかりにしながら、マイクロソフト(Microsoft)、IBM、オラクル(Oracle)、グーグル(Google)の4社を現実的な売却先候補として挙げている。いっぽうBuzzFeedでは、オラクルは打診を行っていないとする情報筋の話も伝えている。

【参照情報】
Salesforce Said to Work With Bankers to Field Inquiries - Bloomberg
Salesforce Seen as Attractive, If Pricey, Target for Cloud Push - Bloomberg
If Salesforce.com Is in Play, Here Are the Possible Suitors - Re/code
Oracle Is Not Courting Salesforce -

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら