NTTとパナソニックが映像コミュニケーション分野で業務提携

What will it look like in 2020?

2015.06.17

Updated by Asako Itagaki on 6月 17, 2015, 18:53 pm JST

6月17日、NTTとパナソニックは、2020年とその先に向けた「来るべき未来」の実現に向け、「映像サービスの革新」や「ユーザーエクスペリエンスの進化」を目指した業務提携を行うことで合意した。NTTのブロードバンドソリューションとパナソニックの高品質映像ソリューションを組み合わせることで、新たな映像コミュニケーションのスタンダードモデル提案などを行う。

主な提携分野は映像エンターテインメント分野と安全・安心分野。映像エンターテインメント分野では、高品質なAVデバイスとブロードバンドサービスを活用したスタジアム内外の映像配信サービスをはじめとした様々な展開を図る。安全・安心分野では、映像モニタリングシステムとサイバーセキュリティ技術をベースに、加えて必要な情報を必要な時に手に入れられるサービスを提供することで、安全・安心な暮らしを支えると共に、訪日外国人や高齢者など誰にでも優しい社会の実現を目指す。

▼協業のイメージ(報道発表資料より)20150617-ntt-pana

この提携の背景には、2020年に向け官民挙げてさまざまな取り組みが行われる中、増加が見込まれる訪日外国人の「おもてなし」や、高齢者・障がい者が安心して暮らせる社会の実現に向けたサービス高度化が課題となっていることがある。両社はサービスの共同開発を通じ、「『映像サービスの革新』や『ユーザーエクスペリエンスの進化』により、『来るべき未来』を実現していきます」(報道発表資料より)としている。

さらに今後は、スマートシティなどのまちづくり分野においても連携を図り、地域振興や海外に展開できるモデル作りを検討していく。

 

【報道発表資料】
日本電信電話株式会社とパナソニック株式会社の業務提携について

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

板垣 朝子(いたがき・あさこ)

WirelessWire News編集委員。独立系SIerにてシステムコンサルティングに従事した後、1995年から情報通信分野を中心にフリーで執筆活動を行う。2010年4月から2017年9月までWirelessWire News編集長。「人と組織と社会の関係を創造的に破壊し、再構築する」ヒト・モノ・コトをつなぐために、自身のメディアOrgannova (https://organnova.jp)を立ち上げる。