WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

グーグル、次世代「Glass」を開発中か - FCCへの申請から明らかに

グーグル、次世代「Glass」を開発中か - FCCへの申請から明らかに

Is new Google glass coming soon?

2015.07.06

Updated by WirelessWire News編集部 on July 6, 2015, 12:59 pm UTC

グーグル(Google)が今年1月に開発・配布を中止していたメガネ型情報端末「Google Glass」について、新たなバージョンのテストが行われている可能性があるという。

droid lifeによれば、米連邦通信委員会(FCC)が米国時間1日にグーグルから出されていた新たな端末に関する申請を承認。開発コード名「GG1」と呼ばれるこの端末は、複数のWi-FiバンドやBluetoothに対応し、取り外しできない充電式バッテリーを搭載、PCとの接続機能なども盛り込まれている。また、FCCの承認を示す表示が端末本体に刻印されるのではなく、ソフトウェアに組み込まれることなどから、次世代「Glass」である可能性が指摘されている。

「Glass」については、今年1月に開発の終了が発表され、開発者向け実験プログラム「Explore Program」を通じた「Explore Edition」の配布も中止されていた。このため、グーグルが「Glass」の開発自体を断念したのではないかという見方も出ていたが、今年3月には同社のエリック・シュミット(Eric Schmidt)会長が開発プロジェクトの継続を明かしており、また同プロジェクトがグーグルのハードウェア開発を統括するトニー・ファデル(Tony Fadell、Nest創業者)氏に引き継がれ、製品化に向けた取り組みが進められていることも伝えられていた。

なお、この話題に触れたForbesでは、「GG1」について、パーソナライズした広告や業務情報を表示するなど、法人向け市場で大きな需要があるものになる可能性を指摘している。

【参照情報】
Mystery Google Product Hits FCC With 5GHz and 2.4GHz WiFi, Bluetooth LE, Model Name “GG1″ - droid life
New version of Google Glass may be in testing - The Verge
How Google Glass v2 Could Change The Enterprise - Forbes

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら