WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

オバマ大統領

米政府、低所得世帯向けのネット普及プログラム「ConnectHome」を発表

Every single one of you has equal right to know

2015.07.16

Updated by WirelessWire News編集部 on July 16, 2015, 12:46 pm UTC

米オバマ政権は現地時間15日、低所得世帯に無料〜低価格で高速インターネットサービスを提供する新たな取り組みを発表。「ConnectHome」と呼ばれるこのプログラムを通じて、インターネット環境の違いによる教育格差の縮小などを進めていくという。

NYTimesなどによると、「ConnectHome」では低所得者向けの公営集合住宅で暮らす約27万5000世帯に対して高速ブロードバンド環境を提供し、約20万人の児童・生徒が家庭でもインターネットを利用できるようにしていく。そのために米政府はまずニューヨークやボストン、シアトル、オクラホマ州デュラントなど27の都市で試験プログラムを実施する予定。

米政府はすでに、低所得者に対してライフラインとなる携帯電話サービスを提供する「Lifeline Assistance」プログラムを実施している。「オバマフォン」との別称もあるこのプログラムは現在約2000万人が利用しているという。「ConnectHome」の取り組みはこの「オバマフォン」のネット版ともいえるもの。

NYTimesは、米国内のインターネットの普及率が年収7万5000ドル以上の世帯では98%であるのに対し、3万ドル以下の世帯では75%に留まっているとするPew Research Centerの調査結果を紹介している。またCNETでは、就学年齢の子供がいながら高速インターネット・サービスを利用していない家庭が約500万世帯に上るとする全米図書館協会(American Library Association)のデータが引用されている。また米大統領経済諮問委員会(White House Council of Economic Advisers)の最新レポートによると、子どもがいる低所得世帯の約3分の2は自宅にPCがあるものの、インターネットが利用できるのは全体の半分以下だという。

「ConnecHome」には、グーグル(Google)やスプリント(Sprint)、コックス(Cox Communications)、センチュリー リンク(CenturyLink)などの各社も協力し、それぞれISPサービスを提供していく。たとえばグーグルでは「Google Fiber」サービス展開地域で、当該世帯に無料でサービスを提供するという。また、家電量販店大手のベストバイ(Bestbuy)ではコンピューターのトレーニングを、米公共放送のPBSでは関連教育番組を提供する計画などもあるという。

「ConnecHome」には今後数年間で7000万ドルの予算が投じられる見込みで、多数の企業や非営利団体などが資金提供を約束しているという。

【参照情報】
U.S. Program Will Connect Public Housing Residents to Web - NYTimes
Obama unveils ConnectHome to get low-income households online - CNET
Google to Offer Free Internet Service in White House Program - Bloomberg

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら