ミャンマーで「LINE」のデータ通信料無料キャンペーン、KDDIグループ会社など

LINE goes to Myanmar

2015.07.29

Updated by Naohisa Iwamoto on 7月 29, 2015, 20:03 pm JST

KDDIのグループ会社であるKDDI Summit Global Myanmar(KSGM)は2015年7月29日、ミャンマーで同社と共同で通信事業を展開するミャンマー国営郵便・電気通信事業体(MPT)が、LINEとの共同キャンペーンを実施することをアナウンスした。。

MPTとLINEが実施する共同キャンペーンは、コミュニケーションアプリの「LINE」のダウンロードと、主な機能をデータ通信料がかからずに楽しめるようにするもの。期間は7月29日から9月30日まで。データ通信料が無料となるのは、「トーク機能」「スタンプの送受信」「画像の送受信」「ホーム画面とタイムラインへの投稿・閲覧」「LINEでの無料通話(1人月間50MBまで)」で、コミュニケーションアプリ「LINE」の一般的な利用のデータ通信料が無料になる。ただし、LINEが提供する他のアプリの通信料は無料対象にはならない。

MPTはミャンマー最大の通信キャリア。今回のキャンペーンにより、日本をはじめ世界各国でも利用者が多いLINEをミャンマーのMPTユーザーに無料で体験してもらうことで、ミャンマーにおける認知と利用を高める。

【報道発表資料】
MPT announces collaboration with LINE(MPT発表資料、英文)

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。