ソフトバンクカードにバリューを「おくる」「もらう」機能を追加

2015.12.01

Updated by Naohisa Iwamoto on 12月 1, 2015, 21:27 pm JST

ソフトバンクとソフトバンク・ペイメント・サービスは2015年12月1日、プリペイドカードの「ソフトバンクカード」の会員向けに、カードの「バリュー」を送る機能の提供を開始したと発表した。

ソフトバンクカードのバリューには、「ソフトバンクまとめて支払いチャージ」「Tポイントでチャージ」「おまかせチャージ」でチャージできる「プリペイドバリュー」と、「銀行振込チャージ」と「口座振替チャージ」でチャージできる「現金バリュー」の2種類がある。それぞれで送れる対象が異なる。

「おくる」機能は、ソフトバンクカード会員間で、相手のソフトバンクカードや、金融機関の口座に「バリュー」を送れるもの。ソフトバンクカードに送る場合は、1回あたり1万円までのバリューを月に5回まで送ることができる。手数料は無料で、「プリペイドバリュー」「現金バリュー」の双方が送れる。金融機関口座には、1回あたり2万5000円までを月に2回まで送ることができる。手数料は税込み216円で、「現金バリュー」が対象となる。

また、他のソフトバンクカード会員にバリューを送ってもらうように依頼する「もらう」機能も用意した。1回の操作で最大10人までの会員に送金を依頼できる。それぞれの相手に異なる金額を指定することも可能で、忘年会費用の集金などに使えそうだ。

【報道発表資料】
ソフトバンクカード会員向けに「バリュー」をおくることが可能に

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。

RELATED NEWS