「Pepper」に法人向けモデル、ビジネス活用支援サービス込みで月額5万5000円

Pepper for Biz hits the public market on August 1st

2015.07.30

Updated by Naohisa Iwamoto on 7月 30, 2015, 19:49 pm JST

ソフトバンクロボティクスとソフトバンクは2015年7月30日、人型ロボット「Pepper」の法人向けモデル「Pepper for Biz」を提供すると発表した。10月1日から申し込みの受付を開始する。

Pepper for Bizは、一般に販売しているPepperをベースにして、法人向けアプリケーションを標準搭載したモデル。法人向けアプリケーションには、離れた人を呼び込んだり近づいた人にあいさつしたりする「声かけ」、社内担当者に来客情報をメールで連絡する「受付」のほか、「ヒアリング」「プレゼンテーション」「エンターテインメント」がある。

ビジネスでPepperを活用するために、「Pepper for Bizプラットフォーム」を提供することも特徴の1つ。Pepper for Bizプラットフォームには、標準搭載のビジネス向けアプリケーションをカスタマイズできる「ビジネスアプリかんたん生成」、接客情報を蓄積してマーケティングデータとして活用可能な「インタラクション分析」、複数のPepperを一括管理する「アプリ設定一括管理」、専用窓口でWebまたは電話でサポートする「プレミアムサポート&メンテナンス」のサービスが含まれる。

レンタルプランのみの提供で、料金は月額5万5000円。36カ月の契約で中途解約はできないため、3年間で合計198万円の費用がかかる。申し込みは10月1日から。ソフトバンクのWebサイトで受け付ける。

【報道発表資料】
「Pepper」の法人向けモデル「Pepper for Biz」、10月1日より申し込み受け付け開始

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。