ロボット 学習 イメージ
格差社会 イメージ
波打ち際 イメージ
メカニズム イメージ
家事 イメージ

LATEST NEWS

「学ばせる」プログラミングが、最も「学べる」可能性

イスラエル工科大学(テクニオン)のロボティクス&ディジタル技術教育センターに集められた、高校生と大学初年度の学生たちに、ロボットを学ばせるに当たって、ある試みが行われた。ロボットが行うべき単純なタスクを設定し、それを実行できるように学生たちにプログラムを組ませるのではなく、ロボット自身が、試行錯誤を通じて、より良い方法を学ぶようにプログラムを作らせたのだ。

2017.09.25

貧富格差を拡大する方向に進んできた日本の税制

資本主義社会では必然的に貧富格差は拡大する——トマ・ピケティは「21世紀の資本」でそのように主張し、是正策として全世界的な資本に対する累進課税を主張した。多数の国家が強調して資本に対して課税する——非常に困難であることは明白だが、ピケティは「それ以外の方法はない」とする。では、既存の税制の中で貧富格差の拡大を防ぐことはできないのだろうか。

2017.07.10

科学技術の進歩と超絶貧富格差拡大——1977年の大純情くん

前回、現在世界で起きていることを8個の項目をまとめた。今回は9番目と10番目として、これから起きるであろうことを追加しよう。     1)技術革新が情報と物流を効率化する。 2)その結果、経済のグロー […]

2017.06.05

更に激しい貧富格差の時代がやってくる

ここまでの考察を、今風というかネット風にまとめてみよう。 1) 技術革新が情報と物流を効率化する。 2) その結果、経済のグローバリゼーションが急速に進行する 3) 結果、国内国外、域内域外を問わず貧富の格差が拡大する […]

2017.05.29

ロボット洗濯物自動折り畳み装置は、20代リアル家政婦を超えるか?

 先日、ロボットによる世界初の洗濯物自動折りたたみ機、「ランドロイド」の実機デモを見る機会に浴しました。  開発元のセブンドリーマーズ社は、ナステントやカーボン製ゴルフシャフトで知られています。50年の歴史を持つ老舗であ […]

2017.05.09

DeNAとヤマト運輸、自動運転・配送実現に向け「ロボネコヤマト」実用実験をスタート

国家戦略特区である神奈川県藤沢市の一部で、自宅以外の場所でも任意の時間に荷物が受け取れるオンデマンド配送と、買い物代行の実用実験を開始する。

2017.04.17

ロボット家政婦が来る前に人間の家政婦を頼む

 家庭に入るロボットとして古典的なのはハインラインの文化女中器(Hired girl)でしょう。  USロボティクス社が開発した万能文化女中器はあらゆる家事をこなします。  今のペッパーとは似ても似つかない代物です。なに […]

2017.04.09

AI、IoT分野でユピテルとドコモが協業推進、第一弾は対話型AIロボットの提供

ユピテルとNTTドコモは、AI(人工知能)、IoT分野のサービス創出に向けて、協業を推進する。ドコモのAI、IoT技術を活用して、両社が共同で商品開発やサービス提供に向けた検討を行う。

2017.01.31

国立病院機構仙台西多賀病院が東北地方では初となる 最先端治療ロボットスーツ「HAL医療用」を導入

平成28年12月21日 国立病院機構仙台西多賀病院 国立病院機構仙台西多賀病院が東北地方では初となる 最先端治療ロボットスーツ「HAL医療用」を導入 筋ジストロフィーや神経難病患者等の歩行障害改善に更なる期待 国立病院機 […]

2016.12.26

[PR]シャープ株式会社 コミュニケーションロボット事業部 商品企画部課長 景井美帆氏(後編) ロボットへの心理的障壁を下げ、新しい時代を見据える

第6回目は人と対話するロボット型スマートフォン「RoBoHoN(ロボホン)」のリリースが話題のシャープ株式会社IoT通信事業本部 コミュニケーションロボット事業部 商品企画部課長 景井美帆氏に、ユニアデックス株式会社 山平哲也が、お話をうかがいました。

2016.12.26

ARCHIVES