WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

グーグル、「Project Loon」でスリランカ政府と協力へ

Teamed up with the Sri Lankan government

2015.07.31

Updated by WirelessWire News編集部 on 7月 31, 2015, 12:45 pm JST

スリランカ政府が現地時間28日、グーグル(Google)が研究開発を進める気球を利用したインターネット接続サービスの実験プロジェクト「Project Loon」について同社と提携していくことを明らかにしたという。

この話題を報じたAFPによると、スリランカ政府では「Project Loon」の無線ネットワークを利用して、来年3月までに国土全体に3G接続網を展開した考えだという。グーグル側ではこのために、13機の気球をスリランカの上空約19km(民間航空機の飛行高度の約2倍の高さ)の成層圏内に配置する予定で、各気球は直径40kmの範囲をカバーすることになるという。なお、これらの気球は100日ごとに交換される予定。

AFPによると、スリランカの人口は現在2000万人を超えているが、そのうちモバイル経由のインターネット利用者は約280万人、有線インターネット接続の契約者数は60万6000件と、全体のごく一部に留まっている。同政府では、Project Loonの取り組みを通じてネット接続サービスの提供範囲拡大やサービスの低価格化を進めたい考えとされている。

なお、この話題を採り上げたThe Vergeでは、両者の合意が協力に向けた覚え書きである点に触れ、「Project Loon」による接続サービスがスリランカで提供されると決まったわけではないと記している。

【参照情報】
Sri Lanka ties with Google for Internet beamed from balloons - AFP(Yahoo)
Google’s high-altitude internet balloons will soon connect all of Sri Lanka - QUARTZ
Google's Project Loon will cover the entirety of Sri Lanka with internet coverage - The Verge

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら