NTT Com、IoT推進室を新設しソリューションサービスの提供を強化

To use IoT effectively...

2015.08.03

Updated by Naohisa Iwamoto on 8月 3, 2015, 20:38 pm JST

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2015年8月3日、企業顧客が効率的にIoTを活用できるようにするための「IoT推進室」を8月1日に新設したと発表した。

NTT Comは、これまで実証実験などを通じてIoTへの取り組みを進めてきた。IoT推進室では、これらの成果を生かし、企業顧客がグローバルでセキュアなIoT環境を容易に活用できるIoTソリューションを強化する。これにより企業の生産性向上や新たなビジネス展開をサポートする。さらに、IoT推進室では、IoTソリューション向けのサービスの開発だけでなく、アプリケーションプラットフォーム事業者やデバイス事業者といったパートナー企業との連携も推進する。

NTT Comは、同社のIoTソリューションの特徴として、(1)グローバル展開するネットワーククラウドデータセンター、アプリケーションプラットフォームなどを、複数のパートナーと連携してワンストップで提供、(2)セキュアなネットワークを低コストでグローバルに提供、(3)世界130拠点以上のデータセンターからデータ格納場所が選択可能、(4)遠隔データセンター間での大容量通信サービスを提供予定--の4点を掲げている。

【報道発表資料】
「IoT推進室」の新設について

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。