UQ、WiMAX 2+に対応した「UQフェムトセル」貸出の先行受付を開始

2016.06.28

Updated by Naohisa Iwamoto on 6月 28, 2016, 06:30 am JST

UQコミュニケーションズ(UQ)は2016年6月27日、WiMAX 2+ユーザーに対して自宅の電波状態を改善できるようにする「UQフェムトセル」の貸出の先行受付を開始すると発表した。同日に受付を始める。

UQフェムトセルは、自宅設置タイプのWiMAX 2+の小型基地局で、UQは現在開発を進めている。2016年内にUQフェムトセルの提供を開始する予定で、今回は先行して受付を開始する。

▼UQフェムトセルの設置イメージ(UQコミュニケーションズのニュースリリースより)20160627_uq001

自宅で、屋外に設置されているWiMAX 2+基地局からの電波が弱くて通信が難しい場合に、UQフェムトセルを使うことで自宅内に小さなWiMAX 2+のサービスエリアを作り上げることができる。これにより、外出先でも自宅でも、安定してシームレスにWiMAX 2+を利用できるユーザーを増やす。

エリアを作るための通信回線として、「auひかり」または「auひかりちゅら」の固定回線の契約が必要。初期費用、工事費、月額料金はいずれも無料で、UQフェムトセルはUQからの貸与となる。UQフェムトセルを利用可能なWiMAX 2+ルーターは、「W03」「W02」「W01」「WX02」「WX01」「WD15」「HWD14」「NAD11」「URoad-Home2+」「URoad-Stick」。

【報道発表資料】
UQフェムトセルの先行受付を開始!

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。

RELATED TAG