IIJmioにウイルス対策やフィルタリング、迷惑電話拒否など安全オプションを追加

2015.09.08

Updated by Naohisa Iwamoto on 9月 8, 2015, 20:23 pm JST

インターネットイニシアティブ(IIJ)は2015年9月8日、同社が提供するいわゆる格安SIMの「IIJmio高速モバイル/Dサービス」に、セキュリティ対策アプリを月額課金で利用できる「モバイルオプション」を追加すると発表した。ウイルス対策やフィルタリング、迷惑電話拒否などのラインアップを用意し、9月16日に提供を開始する。

モバイルオプションは、月額250円~500円の手軽な料金で、スマートフォンのセキュリティ対策を強化できるようにするオプションサービス。アプリの利用料金は、SIMカードの通信費とまとめてIIJから請求される。

ラインアップとしては、モバイル端末向けの総合セキュリティアプリ「ウイルスバスター モバイル 月額版」(月額250円)、有害サイトやアプリをブロックする「i-フィルター for マルチデバイス」(月額360円)、容量無制限のクラウド型データバックアップアプリ「クラウドバックアップ AOS BOX Android Pro」(月額500円)、振り込め詐欺などの迷惑電話を自動的に着信拒否する「トビラフォン for Android」(月額300円)、SNSやオンラインサービスの個人情報連携を一元管理できる「Smart・Checker(My Permissions)」(月額350円)を用意する。いずれも申し込みから最大2カ月は、料金がかからずに利用できる。IIJmioのWebサイトでモバイルオプションの販売を開始し、今後は大手家電量販店や小売店にも販路を拡大する計画だ。

また、子どもや高齢者にもスマートフォンの利用が広がっていることから、子どもや高齢者の安全対策を考慮したパックも提供する。主に子ども向けの「みまもりパック」(月額500円)は、「ウイルスバスター モバイル 月額版」と「i-フィルター for マルチデバイス」をパックにして月額110円を割り引く。高齢者向けの「迷惑防止パック」(月額500円)は、「ウイルスバスター モバイル 月額版」と「トビラフォン for Android」をパックにして月額50円を割り引く。

【報道発表資料】
「IIJmio高速モバイル/Dサービス」のオプションサービスとして、子供や高齢者のスマートフォン利用を支援する「モバイルオプション」を提供開始

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。