WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

Apple Watch

アップル、Apple Watchの新色や他社製アプリのネイティブ対応などを発表

2015.09.10

Updated by WirelessWire News編集部 on September 10, 2015, 12:55 pm UTC

アップル(Apple)が米国時間9日に行った特別イベントで、「Apple Watch」関連の複数の発表を行った。

まずハードウェア関連では、エントリーモデルの「Watch Sports」にゴールド、ローズゴールドの2色のモデルが追加された。また対応するリストバンドにもピンクやブルー、それに「Product(RED)」に協賛するレッドなどの新色が追加されたという。

さらに、アップルがエルメス(Hermes)と共同で企画した「Apple Watch」の新コレクションも発表された。エルメス製の皮革を用いたリストバンドだけでなく、ウォッチフェイスやフォントなどUI部分でも独自のカスタマイズが施されている点が特徴という。同製品の価格設定は1100〜1500ドルで、取り扱いは米国、中国、フランス、スイスなど14ヶ国にあるApple Storeならびにエルメスの店舗限定。発売予定日は10月5日となっている。

ソフトウェア関連では、6月のWWDCで明らかにされていたOSの新バージョン「watchOS 2」が正式発表になった。同バージョンではまず、これまで反応の遅さが指摘されることも目立ったサードパーティ製アプリのネイティブ化が可能になった。そのほかウォッチフェイス(文字盤)の新しいパターンや、Mapsアプリでの乗換情報表示なども新たに追加されているという。

なお、同日の発表のなかではApple Watch向けのアプリの数が約1万種類に上っていることや、「Apple Watch購入者の97%が同製品に満足していると回答した」とする調査結果なども明らかにされたという。

【参照】
Apple Introduces watchOS 2 with Native Apps and New Gold & Rose Gold Aluminum Apple Watch Sport Models - Apple
Apple Releases New Gold And Rose Gold Apple Watch Sport, New Bands - TechCrunch
Apple Watch Goes Couture With Hermes Band - WSJ

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら