ソフトバンクが新iPhoneの予約開始前日に本体価格を発表、基本料金が安くなる「スマ放題ライト」も

2015.09.11

Updated by Asako Itagaki on 9月 11, 2015, 23:57 pm JST

ソフトバンクは、9月12日16時1分から予約受け付けを開始するiPhone 6s、iPhone 6s Plusについて、本体価格と割引施策を発表した。

auの本体価格はこちらキャンペーンはこちら
ドコモの本体価格とキャンペーンはこちら

iPhone 6s、iPhone 6s Plusの本体価格は、MNPまたは新規で契約する場合、iPhone 6sが実質負担額648円(税込、以下同様)/月から、iPhone 6s Plusが実質負担額1,188円/月からとなる。また、機種変更の場合は、iPhone 6sが実質負担額1,065円/月から、iPhone 6s Plusが実質負担額1,605円/月からとなる。

▼ソフトバンクのiPhone 6s 本体価格
iphone6s-price-softbank-09112300x

▼ソフトバンクのiPhone 6s Plus 本体価格
iphone6sp-price-softbank-09112300x

発売に合わせて「機種変更下取りプログラム」および「のりかえ下取りプログラム」の対象機種にiPhone 6およびiPhone 6sを追加し、下取り金額を変更する。

新たなキャンペーンとして「スマート値引き 増額キャンペーン(スマ放題)」と「のりかえ割」を9月25日から11月30日まで実施する。「スマート値引き 増額キャンペーン(スマ放題)」は、iPhone 6sもしくはiPhone 6s Plusの購入者がキャンペーン期間中に携帯電話と固定サービスのセット割引「スマート値引き」に申し込んだ場合、携帯電話サービスの対象プランの割引額を増額し、最大毎月2,522円を2年間割引するもの。「のりかえ割」はMNPでのiPhone 6sまたはiPhone 6s Plus購入者に対し、最大毎月800円から1,700円を1年間月額利用料金から割引する。

また、スマートフォン向け基本プランに、月額1,700円で5分以内の国内音声通話が回数制限なく利用できるスマ放題ライト「通話し放題ライトプラン」を2015年9月25日より提供開始する。auが月額1,700円で5分以内の国内音声通話が制限なく利用できる「スーパーカケホ」を発表しており、追随する形となる。

なお、スマ放題ライトは「スマート値引き」の対象となり、データ定額パック・標準(5GB)に対しては最大毎月1,522円、データ定額パック・大容量(10GB以上)に対しては最大毎月2,000円を2年間割引する。

 

【報道発表資料】
iPhone 6s、iPhone 6s Plusの価格などについて
月額1,700円の通話定額プランが利用可能な 「スマ放題ライト」登場!

 

※更新履歴(9/12 0:50) 価格表の画像を差替え

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

板垣 朝子(いたがき・あさこ)

WirelessWire News編集委員。独立系SIerにてシステムコンサルティングに従事した後、1995年から情報通信分野を中心にフリーで執筆活動を行う。2010年4月から2017年9月までWirelessWire News編集長。「人と組織と社会の関係を創造的に破壊し、再構築する」ヒト・モノ・コトをつなぐために、自身のメディアOrgannova (https://organnova.jp)を立ち上げる。