WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

テレビ

テレビとモバイル端末やPCを超音波でリンク - 新たな広告用ユーザー追跡技術にプライバシー侵害の懸念(Ars Technica報道)

2015.11.16

Updated by WirelessWire News編集部 on November 16, 2015, 13:51 pm JST

人間の耳には認識できない超音波の信号を利用しながら、テレビ、モバイル端末、PCなどを複合的に使うユーザー追跡の仕組みが存在していることが明らかになり、一部の人権擁護団体から米公正取引委員会に対して注意を促す要請が出されたという。

Ars Technicaによると、この仕組みは高周波数の音声信号を発するテレビCMやウェブ広告をトリガーとして、周囲にあるスマートホンやタブレットにインストールされたアプリを起動させてユーザーの行動を追跡させるというもの。この仕組みを利用すると、たとえばユーザーが目にしたTVCMの種類やCMの視聴時間のほか、当該CMがウェブの検索やオンラインでの購買につながったかなどの反応を高い精度で把握できるようになるという。

デジタル著作権関連団体のCenter for Democrac & Technology(CDT)は、先ごろ米連邦取引員会(Federal Trade Commission、FTC)に提出した書類のなかで、こうした仕組みを導入している企業として、シルバープッシュ(SilverPush)、ドローブリッジ(Drawbrige)、フラーリー(Flurry)を挙げ、またアドビ(Adobe)でも同様の技術を開発していると指摘。またCDTによれば、シルバープッシュのアプリは2015年4月時点で1800万台のスマートフォンにインストールされているという。また、この技術は特定の音声信号のみを受け取るもので、端末の周りのすべての音を聞き取るわけではないものの、ユーザーが追跡機能をオフにすることは現時点ではできないという。

なお、FTCでは米国時間16日にこの追跡技術に関するワークショップを開催する予定だという。

【参照情報】
Beware of ads that use inaudible sound to link your phone, TV, tablet, and PC -
Ad tracking tech uses high-frequency audio to communicate between devices - PCWorld
ADVERTISERS ARE USING INAUDIBLE NOISE TO FIGURE OUT WHAT DEVICES ARE YOURS - Digital Trend

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

RELATED TAG