WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

インテル(Intel)が昨年のCESで発表していたたウェアラブル端末用SoC「Curie」の価格と出荷時期が米国時間6日に明らかになった。また同SoC関連でインテルがESPNやRed Bull Mediaといったスポーツ関連メディア、それにスポーツ用品ブランドのニューバランス(New Balance)などと協業する計画も発表されている。

「Curie」は、ボタン大の大きさながら32ビットプロセッサやDSP センサー、加速度計やジャイロスコープの機能を内蔵した低消費電力SoCで、TechCrunchによると同製品は10ドル以下の価格設定で、今四半期中にも出荷が開始になるという。

インテルは同SoC関連で、米大手スポーツ専門テレビ局のESPNやレッドブルメディア(Red Bull Media)と提携したことも発表。スノーボードやBMX(自転車競技)といった競技で、Curieを利用することで収集・分析できるさまざまなリアルタイムデータを視聴者などに提供する計画だという。現在ラスベガスで開催中の「CES 2016」でインテルが行った基調講演のなかでは、BMXでライダーのスピードやジャンプの高さなどをリアルタイムで表示するデモが披露されたという。またESPNでは、1月末に米アスペンで開幕する「X Games」でさっそく「Curie」を利用したアスリートのリアルタイムデータ提供を開始するという。

また今回の発表では、インテルがオークリー(Oakley)と共同開発した「Radar Pace」と呼ばれる音声操作のリアルタイムコーチング用スマートアイウェアが披露されたほか、インテルとニューバランス(New Balance)との製品共同開発の計画も明らかにされたという。

【参照情報】
Intel Brings Amazing Experiences to Life at Consumer Electronics Show - Intel(プレスリリース)
Intel Says Its Button-Sized Curie Will Ship In Q1, Costing Under $10 - TechCrunch
Intel and ESPN partner to showcase real-time athlete performance at the X Games - TNW

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

RELATED TAG