WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

グーグル(Google)が進めるドローンを使った物資配送プロジェクト「Project Wing」に関して、同社がドローンで配送した荷物を地上で受け取るための専用容器を開発し、この容器の特許を取得したという話を複数の媒体が報じている。

Reutersによれば、グーグルが米国時間26日に特許を取得したこの特許は、ドローンで配送された荷物を受け取り、安全な場所に保管する容器に関するもの。この容器は移動用の車輪付きで、内部には荷物を収めるスペースが設けられており、またドローンから荷物を受け取る際には光ビーコンを使ってドローンを誘導し、荷物を受け取った後はガレージなど安全な場所に自動的に移動する仕組みになっているという。

グーグルで「Project Wing」プロジェクトを率いるデイヴ・ボス(Dave Vos)氏は昨年11月、同社が2017年中にもドローンを使った配送サービスを開始したいとの考えを明らかにしていた。

商用ドローンの利用をめぐっては、現在米連邦航空局(FAA)で新たなルールの検討が行われており、今年中に最終的なルールがまとまるとみられている。また、同様のドローン配送サービスについては、アマゾン(Amazon)やウォルマート(Walmart)でも計画を発表しており、アマゾンでは、FAAのルールが定まり次第ドローン配送サービスを開始するとしている。

【参照情報】
Google files patent for drone 'delivery receptacle' - Reuters
THIS IS HOW GOOGLE’S PROJECT WING DRONE DELIVERY SERVICE COULD WORK - FastCompany
Google just patented a box on wheels for receiving drone deliveries - TNW

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

RELATED TAG