ソフトバンク、3年目以降の契約解除料が不要な新プランを月300円増しで提供

2016.03.16

Updated by Naohisa Iwamoto on 3月 16, 2016, 19:18 pm JST

ソフトバンクは2016年3月16日、2年契約プランで契約更新期間以外に解約した場合にかかる契約解除料(9500円)が不要になる新料金プランを発表した。6月1日に提供を開始する。

新しい2年契約プランは、「スマ放題」「スマ放題ライト」の基本プランに対応するもの。加入から3年目以降(25カ月目以降)はいつ解約しても契約解除料がかからない。月額料金はスマ放題の「通話し放題プラン」が月額3000円、「通話し放題プラン(ケータイ)」が月額2500円、スマ放題ライトの「通話し放題ライトプラン」が月額2000円。いずれも、現行の2年契約プランの月額料金に300円を加算した金額となる。

単純計算をすれば、32カ月で加算額の累計が9600円となり、契約解除料の金額を超える。契約更新期間を除き25カ月目以降、31カ月目までの間に解約することが予想される場合にはコストメリットがある。32カ月目以降も継続して利用すると、累計の支払額は現行の2年契約プランよりも増え続けるので注意が必要になりそうだ。

【報道発表資料】
3年目以降、契約解除料のかからない新料金プランを提供、さらに現行料金プランの契約更新期間を延長

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。