WirelessWire News The Technology and Ecosystem of the IoT.

by Category

タイムワーナー・ケーブル

米FCC、チャーターによるタイムワーナー・ケーブル買収を条件付で承認か

2016.03.17

Updated by WirelessWire News編集部 on 3月 17, 2016, 10:39 am JST

米連邦通信委員会(FCC)が、米ケーブルテレビ市場第4位のチャーター・コミュニケーションズ(Charter Communications;以下、チャーター)による同2位のタイムワーナー・ケーブル(TWC)の買収をまもなく承認しそうだという。WSJが米国時間15日、情報筋の話として報じている。

WSJによれば、FCCのトム・ウィーラー(Tom Wheeler)委員長は、早ければ今週中にも同買収を条件付きで承認する内容の提案を行う予定だという。条件のなかには、チャーターに対して、同社に番組などを提供するコンテンツプロバイダーがネットフリックス(Netflix)のようなオンライン動画配信事業者などにコンテンツを提供することを制限する契約を結ぶことを禁じる内容が含まれる。また、インターネットサービスプロバイダー(ISP)との競争を促進するため、チャーターに対して高速インターネットサービスの展開範囲をさらに広げることなどを求める内容も含まれているという。

そのほか、チャーターはFCCの定めたネット中立性のルールにTWCの買収成立後3年間従うことや、コンテンツプロバイダーに接続手数料を課さないことなど、TWCの買収に関していくつかの約束をFCCに行っており、これらの約束の履行も承認の条件となる見込みだという。

なお、この提案は今後、他のFCC委員のレビューを経て修正される可能性がある。また、FCCの承認が下りた後はカリフォルニア州の規制当局からも承認を受ける必要があり、この判断は今年5月に下される見込みだという。

【参照情報】
FCC Drafting Order to Approve Charter-Time Warner Cable Deal - WSJ
FCC reportedly close to approving Charter–Time Warner Cable merger, with conditions - The Verge
Charter/Time Warner Cable merger nearing FCC approval - Ars Technica

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

RELATED TAG