WirelessWire News Philosophy of Safety and Security

by Category

インテル(Intel)は米国時間16日、サンフランシスコで開催中の「Inter Developer Forum(IDF)」のなかで、同社が開発したオールインワンのVRヘッドセット「Project Alloy」を発表した。

各媒体の報道によると、「Project Alloy」は本体にカメラやセンサー、プロセッサなどを内蔵し、ヘッドセット単独での利用が可能。また同社の「RealSense」テクノロジーを使ったハンドトラッキング技術で端末を操作できる点で、コントローラ経由で操作する他社製品とは異なるという。

「Oculus Rift」や「HTC Vive」といった既存製品では、VRヘッドセットと計算処理を行うPCをケーブルで接続する必要がある。また「Samsung Gear VR」ではスマートフォン本体をヘッドセットに装着する必要がある。

インテルのブライアン・クラーザーニッチ(Brian Krzanich)CEOは「Project Alloy」について、現実世界と仮想世界とを融合した「merged reality」という概念を実現する技術と説明。また、同社がマイクロソフトの「Windows Hologoraphic」プラットフォームを利用することで「Project Alloy」向けアプリの開発を促す考えも明らかにしたという。

インテルはまた、2017年第2四半期に「Project Alloy」のハードウェアをオープンソース化し、外部開発者が様々なVRヘッドセットを開発できるようにする考えだという。

【参照情報】
Intel's new Project Alloy is a wireless VR headset for 'mixed reality' - The Verge
Intel shows off all-in-one Project Alloy virtual reality headset - TechCrunch
Intel announces Project Alloy, an all-in-one VR headset - Engadget

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら