幕張 イメージ

NB-IoTの屋外実証実験をソフトバンクが実施、2017年夏のネットワーク構築を目指す

2016.11.24

Updated by Naohisa Iwamoto on 11月 24, 2016, 07:25 am JST

IoT向けの通信技術として注目されている「NB-IoT」(NarrowBand-IoT)が、国内でも利用できるようになりそうだ。ソフトバンクが商用化を目指して取り組んでいることを明らかにし、屋外での実証実験を行う。

NB-IoTは、3GPPが定める標準化規格「リリース13」で定められた通信方式。低コストで、低消費電力、広いカバーエリアを実現するLPWA(Low Power Wide Area)を実現する技術の1つで、携帯通信事業者であれば既存のLTE基地局を活用して迅速なサービス展開が可能なことが特徴だ。IoTにおける通信では、広いカバーエリアを求められるだけでなく、電池交換を少なくするための低消費電力、多くのデバイスに通信機能を搭載するための低コストといった要件に対応する必要もある。NB-IoTは、こうした要件に応えられる技術の1つとして注目されている。

ソフトバンクは、2016年11月24日、25日に千葉県の幕張エリアで、国内初となる屋外でのNB-IoT実証実験を行う。11月16日に実験試験局免許を得たことを受けたもの。900MHz帯NB-IoT基地局(実験試験局)1局を使って、スマートパーキングに取り付けたNB-IoT方式のモジュールによって車の入庫・出庫の際のNB-IoTの挙動などを検証する。

ソフトバンクではNB-IoTを、2016年9月にスタートした「5G Project」の第2弾と位置付け、5G導入に向けた最新技術の提供の取り組みの一環とする。2017年夏頃までにNB-IoTネットワークを構築し、NB-IoT商用化を目指した技術検証を継続していくという。

【報道発表資料】
国内初、NB-IoTの導入に向けた屋外での実証実験の実施について

メールマガジン購読WirelessWire News メールマガジン

おすすめ記事を配信する『WirelessWire Weekly』と、閲覧履歴を元にあなたに合った記事をお送りする『Your Wire』をお送りします(共に週1回)
配信内容を詳しく見る

岩元 直久(いわもと・なおひさ)

日経BP社でネットワーク、モバイル、デジタル関連の各種メディアの記者・編集者を経て独立。WirelessWire News編集委員を務めるとともに、フリーランスライターとして雑誌や書籍、Webサイトに幅広く執筆している。

RELATED NEWS