南カリフォルニア大学の新しい研究センターが、教育に応用されるIoTを構想

2016.12.15

Updated by Kyodo News PR Wire(プレスリリース) on 12月 15, 2016, 14:59 pm JST

AsiaNet 66875 (1624)

【ロサンゼルス2016年12月15日PR Newswire=共同通信JBN】
南カリフォルニア大学(USC) - 世界中の教室に教育技術があふれているにもかかわらず、教育者はそれが効果があるのかどうかを確かめることは必ずしもできなかった。南カリフォルニア大学の新しいセンターは、パーソナライズされた学習と指導のために、教育技術をより有益なものにすることを試みる。

Photo – http://mma.prnewswire.com/media/448757/USC_CHARIOT_Leaders.jpg

The Center for Human-Applied Reasoning and the Internet of Things(CHARIOT)は、USC Rossier School of EducationとUSC Viterbi School of Engineeringとの新たなパートナーシップである。CHARIOTは、教育者が学生の学習方法や教師が各学生のために授業をパーソナライズする方法に関するリアルタイムのデータを収集するのに役立つように、教育とエンジニアリングを統合することを目指している。

USCのマイケル・クイック学長は「パーソナライズされた教育が今日始まったことは非常に重要だと思う。パーソナライズされた教育のようなものにビッグデータや工学・人工知能(AI)の原則を取り入れることにより、変革的影響を与えるだろう」と述べた。

ワシントンに本拠を置くNational Academy of Engineeringによると、「パーソナライズされた学習の進展」は、「エンジニアリングの14の大課題」の1つだ。

パーソナライズされた学習の本質的な側面は、学生の認識力や感情のレベルなどを評価できることだ。インターネット・オブ・シングス(IoT)は、歩数や心拍数を記録している、今ではよく知られたリストバンドのような、感知装置のコネクテッド・ネットワークだ。 そのようなセンサーからのデータは、ピッタリのタイミングで学習介入を提供するのに使用することができる。

センサーの測定値が学生の学習の伝統的な評価と注意深く相関している場合、教師はどの学生が助けを必要としているか、それはいつ、どのような助けなのかを知ることができるようになるし、また、個々の学生に対し、なにをすれば学習を強化できるかのフィードバックと示唆を与えることが可能だろう。

CHARIOTは、USC Rossier School of Educationのケネス・イエーツ教授(臨床教育)、USC Rossier School of Educationの客員経営者であるラオ・マチラジュ氏、USC Viterbi School of EngineeringのMing Hsiehフェロー兼教授(電気工学)のバスカー・クリシュナマチャリ氏により共同で運営される。

▽問い合わせ先
Amy Blumenthal、+1-213-821-1887 あるいは amyblume@usc.edu
Ross Brenneman、+1-213-740-2327 あるいは rossbren@rossier.usc.edu

▽USC Rossier School of Educationについて
USC Rossier School of Educationの使命は、地方自治体、全米および世界の都市教育における学習を改善することである。Rossierはこの分野を革新的で協力的なソリューションでリードし、教育成果を向上させる。

▽USC Viterbi School of Engineeringについて
南カリフォルニア大学Engineering Studiesは1905年に発足した。約1世紀後の2004年に、卒業生のアンドリュー・J・ビタビ氏からの寄付と命名によりViterbi School of Engineeringに改称した。同氏は、現在では携帯電話技術や数多くのデータアプリケーションにとり重要なビタビアルゴリズム(Viterbi algorithm)の発明者だ。USC Viterbiは世界の工学部でトップクラスにランク付けされている。73人のendowed-chairと教授職、185人のtenuredおよびtenure-trackの教員が指導し、6500人超の学部生と大学院生が入学している。

ソース:USC Rossier School of Education

New research center at the University of Southern California envisions Internet of Things applied to education

PR66875

LOS ANGELES, Dec. 15, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ —

USC — Even as education technology floods into classrooms across the world,
educators haven’t always been able to make sure it’s making a difference. A new
center at the University of Southern California will attempt to make that
technology more informative for personalized learning and instruction.

Photo – http://mma.prnewswire.com/media/448757/USC_CHARIOT_Leaders.jpg

The Center for Human-Applied Reasoning and the Internet of Things, or CHARIOT,
is a new partnership between the USC Rossier School of Education and the USC
Viterbi School of Engineering. It aims to bring education and engineering
together in a way that will help educators gather real-time data about how
students are learning and how teachers should personalize instruction for each
student.

"I think it’s vitally important that personalized education begins right now,"
says USC Provost Michael Quick. "By bringing big data, and engineering and
artificial intelligence principles to bear on something like personalized
education, it’s going to have a transformational impact."

"Advances in personalized learning" is one of the "14 Grand Challenges for
Engineering," according to the Washington-based National Academy of Engineering.

An essential aspect of personalized learning is being able to evaluate such
things as the level of a student’s cognitive engagement and emotions. The
Internet of Things is a connected network of sensing devices, such as the now
familiar wristbands that record how far someone walks and their heart rate.
Data from such sensors can be used for providing just in time learning
interventions.

If sensor measurements are carefully correlated with more traditional
assessments of student learning, it would enable teachers to know which
students need help, when they need help and what help they need, and possibly
also give feedback and suggestions to individual students about what they could
be doing to enhance their learning.

CHARIOT will be co-directed by Kenneth Yates, professor of clinical education
at the USC Rossier School of Education; Rao Machiraju, executive-in-residence
at the USC Rossier School of Education; and Bhaskar Krishnamachari, Ming Hsieh
Fellow and professor of electrical engineering at the USC Viterbi School of
Engineering.

MORE INFORMATION: Contact Amy Blumenthal, +1-213-821-1887 or amyblume@usc.edu,
or Ross Brenneman, +1-213-740-2327 or rossbren@rossier.usc.edu.

About the USC Rossier School of Education: The mission of the USC Rossier
School of Education is to improve learning in urban education locally,
nationally and globally. Rossier leads the field in innovative, collaborative
solutions to improve education outcomes.

About the USC Viterbi School of Engineering: Engineering Studies began at the
University of Southern California in 1905. Nearly a century later, in 2004, the
Viterbi School of Engineering received a naming gift from alumnus Andrew J.
Viterbi, inventor of the Viterbi algorithm, now the key to cell phone
technology and numerous data applications. USC Viterbi is ranked among the top
engineering programs in the world and enrolls more than 6,500 undergraduate and
graduate students taught by 185 tenured and tenure-track faculty, with 73
endowed chairs and professorships.

SOURCE USC Rossier School of Education

WirelessWire Weekly

おすすめ記事と編集部のお知らせをお送りします。(毎週月曜日配信)

登録はこちら

共同通信PRワイヤー

「通信社」が運営する、国内唯一のプレスリリース配信サービスです。新聞・雑誌・テレビ・ラジオ・オンラインメディアとの堅固な信頼関係のもと、報道機関ならではのノウハウで、お客様のプレスリリースを確実にお届けします。WirelessWire Newsでは、共同通信PRワイヤーに配信されたプレスリリースのうち、IoTに関連するニュースをピックアップして配信します。

RELATED NEWS